電話して相談する

水のコラム

トイレの排水が詰まったら~自分でできる修理法の紹介

2021年01月26日  トイレのトラブル

毎日の生活で、水のトラブルほど困ることはありません。特に、トイレは生活に欠くことができないものですから、一度詰まってしまうと慌ててしまう方も多いかもしれません。

今回は、いざというときのために、トイレの排水が詰まる原因と自分でできる修理方法について解説します。

トイレが詰まる原因は

トイレが詰まっているかも…と感じたら、次のようなことが起きていないかチェックしてみましょう。

・水を流したあとの水位が高くなる
・便器の水の流れが悪い
・水を流すと「ゴボゴボ」という異音がする
・便器の水が少ない、異臭がする・

トイレが詰まる原因には、大きく分けて二つあります

トイレットペーパーや排泄物を大量に流す
トイレが詰まる原因として最も多いと言われているのが、このケースです。
トイレットペーパーは水溶性なので水に流せば溶けていきますが、一度に大量に流すと溶けるまでに時間がかかり、詰まりの原因になります。
また、流す量は多くなくても、流す水が少ないと同じ状況になるので気をつけてください。

水に溶けない物を流す
トイレが詰まるもう一つの要因は、水に溶けないものを流してしまったケースです。
よくあるケースとしては以下のようなものを流した場合があります。

・おむつ、おしりふき、生理用品
・ペット用のトイレシートなど
・生ごみや食べ残し
・ボールペン、おもちゃなどプレスチック製品
・煙草の吸殻

ほかにも、便器や下水道管の経年劣化などにより詰まることがあります。

トイレが詰まったら

あわてて水道業者に連絡しようとしても、どこに連絡すればいいのかわからない…という事態にもなりかねません。しかし、詰まりの原因によっては、業者に連絡しなくても自分で修理することができます。
ここからは、自分でできるトイレの詰まりの基本的な対処方法をご紹介します。

自分でできる修理

(1)バケツを使って便器に水を流す
便器の中の水位が高くなっている場合はあらかじめ水を汲み取っておきます。
次にバケツやペットボトルを使って、少し高い位置から滝のように排水口をめがけて水を落とし、便器の中に水流をつくります。これを数回繰り返して便器の中の水位が上がらなければ成功です。最後に、レバーで水を流して水位が上がらず流れれば修理完了です。

(2)ラバーカップ(スッポン)を使う
ホームセンターなどで売っているラバーカップを使います。
初めに便器の中の水を少し汲み取ります。ラバーカップは真空の状態が最も効果を発揮します。ラバーカップのカップの部分が水に浸るくらいの水量を目安としてください。

排水溝の入り口にカップをゆっくりと押し付け、次に勢いよく引き上げます。この動きを何度か繰り返しましょう。
ただし、勢いをつけて押したり引いたりを繰り返すと、かえって事態を悪化させることにもなりかねませんから注意してください。

なお、引っ張るときに排水溝内の汚物が勢いよく飛び出してくることもあります。ビニール袋などを使って、便器から水が飛び出さないように養生しておくことも必要です。

これを数回繰り返したら、バケツで水を流してスムースに流れるか確認します。最後に、レバーで水を流しても水位が上がらず流れれば修理完了です。

(3)ワイヤーブラシで詰まりの原因を除去する
ワイヤーブラシはプロも使う道具ですが、ホームセンターでも安価なものが売っています。ワイヤーの先端にブラシがついており、そのブラシを詰まりの原因に直接押したりひっかけたりして除去します。

汚れが除去できたら、バケツで水を流してスムースに流れるか確認します。最後に、レバーで水を流して水位が上がらず流れれば修理完了です。
とはいえ、長いワイヤーを操る必要があるので、素人には使いこなすのは容易ではありません。

(4)お湯を流す
トイレットペーパーやティッシュペーパーなどが詰まってしまった場合は、お湯を流せば詰まりが解消することがあります。
トイレットペーパー等の原材料であるパルプ繊維は、お湯で柔らかくなり、ほぐれやすくなります。40~50度のお湯を便器に流したら1時間程度そのままにして、詰まっているトイレットペーパーなどを柔らかくふやけさせます。

その後、バケツで水を流してスムースに流れるか確認します。最後に、レバーで水を流して水位が上がらず流れれば完了です。

(5)重曹と酢(クエン酸)、お湯で便を分解する
初めに便器に重曹(約4分の1カップ)を便器に入れます。次に、お酢(約2分の1カップ)を加えます。さらに、40~50度くらいのお湯を便器に入れます。泡立ってきたら30分から1時間ほど放置してください。

重曹とお酢が反応して二酸化炭素が発生し、その泡がこびりついた汚れを除去します。時間が経過したらバケツで水を流してスムースに流れるか確認します。レバーで水を流しても水位が上がらず流れれば、OKです。

それでも直らない場合は業者に連絡しましょう

個人でできる修理方法として、代表的なものをご紹介しました。
とはいえ、これらの方法でトイレの詰まりが解消されない場合に無理に自分で直そうとすると、詰まりの原因を悪化させてしまったり、配管や便器を傷めて思わぬ故障の原因につながってしまう可能性もあります。

すぐに直らないときや原因がわからない場合には、早めに水道修理業者などプロに任せるのが確実で安心です。

わかやま水道職人は和歌山市をはじめ、海南市、橋本市、田辺市など和歌山県全般で水回りのトラブルを解決している水回りのプロです。トイレや浴室や洗面所、キッチンでの詰まりをはじめ、水回りのトラブルでお困りの際には、ぜひ気軽にわかやま水道職人にお問い合わせください。

わかやま水道職人(和歌山水道職人) 0120-492-315

わかやま水道職人(和歌山水道職人) 0120-492-315