電話して相談する

水のコラム

キッチンの水のトラブル~詰まりや水漏れの主な原因と修理方法

2021年01月26日  キッチンのトラブル

キッチンは、さまざまな食材を扱う場所です。日常的に、土やホコリ、油や食材、食器や調理器具についた汚れを洗い流しています。

しかも、食生活にかかわる場所でもあり、使用頻度も高くなります。そのため、清潔に保つべき場所ではありますが、どうしても汚れがたまりやすい場所でもあります。
日々使用するキッチンだからこそ、汚れを放置してしまうと排水口の詰まりが発生して、トラブルの原因にもなります。

キッチンのトラブル(水漏れ)

キッチンまわりのトラブルには、水漏れがあります。
水漏れが起きていると、知らず知らずのうちに、水道代が高くなり無駄な支出を迫られることにもなりかねません。
主に水漏れはが発生するのは、蛇口や給水管、排水管になります。

蛇口の水漏れ

蛇口を閉めても、いつまでも水がぽたぽたと落ちてくるような場合があります。
このとき、蛇口を強く締めようとすると、破損してしまう場合がありますので注意が必要です。
蛇口はいくつかの部品が組み合わされています。組み合わされた部品の接続部分から漏れているような場合には、接続が緩んでいる可能性もあります。緩みがないか、確かめてみましょう。

接続部分に緩みがなければ、内部のパッキンが劣化していることが考えられます。ちなみにパッキンとは、接続部分に挟まっているゴムのことで、このゴムが劣化により弾力性を失うと、本来の隙間を埋める役割を果たさなくなり水が漏れることがあります。したがって、パッキンの劣化が原因であれば、劣化したパッキンを交換すれば漏れは止まるはずです。

シンク下の水漏れ

シンク下に水が漏れているような場合、原因の一つは給水管からの水漏れです。
蛇口部分と同じように、接続部分の緩みが原因である可能性がありますので確認してみましょう。緩みがなければパッキンの経年劣化が考えられます。パッキンを交換してみましょう。

排水管からの水漏れの可能性もあります。この場合は排水管の接続の緩み、管自体の破損、排水管の詰まりなどが原因として考えられます。
シンク下は、さまざまなものを収納する場所でもあります。出し入れするときに排水管をずらしたり傷つけたりしているかもしれません。まずは接続が緩んでないか、ずれていたり、外れていないか確認してみましょう。

排水管も接続部分にはパッキンが挟まっています。パッキンの劣化の可能性もあります。
排水管に穴が開いていたり、一部破損しているような場合は自分で修理するのではなく専門の業者に依頼するのが無難です。排水管が詰まっている場合には、詰まりを解消することで改善される場合があります。
そこで、次に、排水管が詰まる主な原因と対処法を見てみましょう。

キッチンのトラブル(詰まり)

キッチンはさまざまなものを流す場所なので、汚れもたまりやすくなります。また、汚れを落とすために使った洗剤やせっけんも排水管に流れます。

詰まりの原因

詰まりの原因で最も大きなものは、油汚れで、主に調理する際に使用しています。そのため、調理器具である鍋やフライパン、料理を乗せた食器や箸に付着しており、それらを洗うときに油が排水管に流れます。同様に、食べ物のカスや残飯も詰まりの大きな原因です。

調理の際に食材からも出てきますし、使用後の調理器具の中にもわずかに残っています。もちろん、使った食器や箸にも付着しています。そばやラーメンなどの残りの汁の中にも、小さな固形分が含まれていることがあります。

野菜についている土、その他の食材にホコリやチリがついていることもあります。さらに、洗い物をするときに使う洗剤も排水管の汚れとして付着しています。キッチンは使用頻度が高いので、こうした汚れが徐々に排水管にこびりついて、詰まりの原因となります。

自分でできる詰まりの対処法

詰まりの原因が汚れによるものの場合、流れが悪くなってきたら、まずは掃除をしましょう。排水管の汚れは少しずつたまっていくので、日々の掃除によって詰まりを予防することができます。

また、市販のパイプクリーナー等を使っても、簡単に掃除することができます。酷い詰まりの場合には、ワイヤーブラシを使い排水管の汚れを落とすことで解消できます。ワイヤーブラシを排水管に入れて、押したり引いたり回したりを繰り返して汚れを落とします。

また、重曹とお酢で洗浄する方法もあります。
重曹とお酢を順番に排水溝から流してばらく放置します。二酸化炭素の泡が排水管にこびりついた汚れを洗浄します。最後にぬるま湯を流して終わりです。

自分でできるつまりの対処法(固形物の場合)

キッチンの排水口に固形物を流してしまい、それが原因で詰まったときの対処法です。
トイレが詰まったときに使うラバーカップを使い、固形物を取り除きます。シンクに水を溜めて、ラバーカップを押し込んで一気に引きます。この作業を何度か繰り返して固形物を取り除くことができれば詰まりは解消します。

上記の対処法をとっても、詰まりや水漏れが解消しないときはプロの業者に依頼しましょう。
キッチンは生活に密着した場所なので、使えなくなると毎日の生活に大きな支障をきたすことになります。

また、無理に直そうとすることでかえって事態を悪化させることにもなりかねません。
自宅の床が水浸しになるだけならまだしも、集合住宅では階下の住居に影響を及ぼし、結果として膨大な手間と心労を抱えることもあります。原因がわからなかったり、物理的に破損しているようなときは専門業者に依頼した方が早く、うまく解決してくれます。

わかやま水道職人は和歌山市を始め、橋本市、新宮市、海南市など和歌山県全般で水回りのトラブルを解決している水回りのプロです。トイレや浴室や洗面所、キッチンの詰まりや水漏れのトラブルでお困りの際には、ぜひ気軽にわかやま水道職人にお

わかやま水道職人(和歌山水道職人) 0120-492-315

わかやま水道職人(和歌山水道職人) 0120-492-315