電話して相談する

水のコラム

寒い季節の水のトラブル~水道管の凍結を防ぐ方法と対処法

2021年01月26日  水道管のトラブル

寒い季節に起きる水道のトラブルには、水道管の凍結と破裂があります。
水道管が凍結したり、破損したりすれば、水道は使えなくなります。
朝、水道が使えないという事態になれば、身支度はおろか、顔を洗ったり歯を磨いたり、水を使用することすべてができなくなります。

凍結の危険がある気温や場所

水道管が凍結する危険があるのは、次のような場合です。

・外気温が氷点下4℃以下である
・外気温が氷点下の日が連続している
・冬場に長期間水道を使用しない

また、水道を使わないときには、水道管には水が溜まっています。
水道を使わないときに溜まっている水は、流れている水よりも、凍結しやすくなっています。雪が降っても川が凍らないのと同じ原理です。
そのため、気温が下がる夜間や、旅行など、長期間家を空けるときなど、水道を使用しないときに、注意が必要です。

凍結しやすい場所は、次のようなところが挙げられます。

・屋外で水道管がむき出しになっている水道管や蛇口
・風が強く当たるところにある水道管や蛇口
・屋内でも北側にある水回り関係

水は氷ると膨張して、体積が増えます。水道管にたまった水が凍ると体積が増え、その膨張圧力に水道管が耐えられなくなると破裂します。
破裂してしまえば、業者に修理してもらうほか方法がなくなってしまうため、凍結予防をしておく必要があります。

尚、日本気象協会のホームページでは、水道凍結指数を発表しています。
これは、強い冷え込みによる水道の凍結の可能性を指数として表示ししており、寒い季節には、参考にすると良いでしょう。

水道管の凍結予防

次に凍結を予防する方法について、紹介します。

・保温材
屋外のむきだしになっている水道管や風が当たる場所にある水道管や蛇口には、発泡スチロール製の保温材や毛布、布切れなどを巻き付けておくと凍結を防止することができます。

忘れてはいけないのは、メーターボックスや元栓です。メーターボックスや元栓は外気には触れていませんが、寒くなると水道管と同じように凍結することがあります。ボックス内に毛布や古い布切れなどを詰めておくと、凍結を予防できます。

・水を流し続ける方法および水抜き
就寝前に細く水を出しっ放しにしておくと、一晩中水道管の中の水が流れ続けるので凍結を防ぐことができます。
ただし、水道を使い続けていることになるため、水道代がかかります。この方法を使う場合は、出した水を溜めてておいて有効利用する方法を考えておいた方がよいでしょう。

浴室は、北側にある場合は特に注意が必要です。給水と給湯の両方ともに水を出しておくと、水道管や蛇口だけでなく、給湯器の破損を予防することができます。

凍結するのは水道管の中にある水であるため、水道管の水を抜いておくことで、凍結を防ぐことができます。
水抜栓を閉めてから、すべての蛇口を全開にして水を抜きます。水抜栓の位置は建物によって異なります。寒くなる前に、確認しておくと良いでしょう。
また、水を出すときには、すべての蛇口を閉めてから、水抜栓を開けます。

水道管が凍結してしまったら

水道管が凍結してしまったときの、対処法を紹介したいと思います、

・ゆっくり溶かす
凍結して水が出なくなった水道管からすぐに水を出す方法は、ありません。
そのため、時間をかけて溶かしていくことになります。凍結した蛇口や水道管にタオル等を巻き付けて、その上からぬるま湯をゆっくりかけていきます。ぬるま湯をかけて暖かくなったタオルの余熱も利用しながら、少しずつ解凍していきます。

または、ドライヤーの温風を当てる、暖房を入れて部屋全体を暖めるなどの方法もあります。解凍作業をするときには、必ず蛇口を閉めて行うようにしましょう。マンションやアパートにお住まいの方は、には、水道が凍結した場合には、管理人に連絡します。

・解凍時に、してはいけないこと
水道を一刻も早く使用したいからとはいえ、いきなり熱湯をかけてはいけません。

水道管が破裂する危険性があるためです。
また、直接火を当てる方法も厳禁です。破裂や火災の要因にもなりますので、くれぐれも気を付けましょう。

破裂してしまったら

水道管が破裂してしまったら、最初にすることはメーターボックスにある元栓を閉めることです。
元栓を閉めないといつまででも水が流れ続けます。その水が凍り二次災害を引き起こすこともあります。元栓がどこにあるかわからないということがないように、事前に確認しておきましょう。

雪が降る地域では、積雪によって埋もれてしまってもわかるような目印をつけておくとよいでしょう。破損した場所がわかる場合には、可能であれば応急処置をします。布やテープを巻き付けて水が漏れないようにしておきます。
そして、水道業者に連絡して修理してもらいましょう。

わかやま水道職人は和歌山市をはじめ、橋本市、有田市、御坊市など和歌山県全般で水回りのトラブルを解決している水回りのプロです。
トイレや浴室や洗面所、キッチンでのつまりをはじめ、水回りのトラブルでお困りの際には、ぜひ気軽にわかやま水道職人にお問い合わせください。

わかやま水道職人(和歌山水道職人) 0120-492-315

わかやま水道職人(和歌山水道職人) 0120-492-315