電話して相談する

水のコラム

家庭でする新型コロナウイルス感染予防策

2021年01月26日  新型コロナウイルス対策

新型コロナウイルスの影響により、一年前と比べて、人々のライフスタイルは大きく変わりました。
今では、他者からの感染を防ぐことと、他者に感染させない行動をとるが必要になっています。

ご家族と生活を共にしている方にとっては、家庭内の感染対策も行わなければいけません。
早速、家庭でできる新型コロナウイルス感染の予防対策についてご紹介していきます。

感染経路と感染防止策

・どのように感染するか
新型コロナウイルスについて、当初はわからないことも多く、不正確な情報が飛び交うこともありましたが、今では新型コロナウイルスについて、多くのことがわかってきています。

その一つが、感染経路です。
ウイルスは、飛沫感染と接触感染の二つの方法で感染を広めています。飛沫感染とは、感染者のくしゃみや咳などをした際にウイルスが放出され、空気中に漂った飛沫に含まれるウイルスをほかの人が体内に取り込み感染することです。

また、接触感染とは、感染者のウイルスが物に付着して、感染していない人がウイルスが付着した物を触った手で、口や鼻、目などの粘膜に触れることで感染することです。

・感染防止策
感染経路がわかったため、感染を防止する方法もわかってきました。
まず、マスクをつけることです。
感染者は自分ら出る飛沫の拡散をある程度、防ぐことができ、感染していない人は、新型コロナウイルスを吸い込むことを防ぐことができます。また、人と人との距離をとることも、感染の予防になります。ソーシャルディスタンスです。新型コロナウイルスが相手に付着したり、相手の飛沫を受けたりするのを防ぐことができます。

さらに、密集、密接、密閉を避けることや換気をすることも大切といいます。
ウイルスが他の人に届くことを防いだり、室内のウイルスを含んだ空気を入れ替えてウイルスを吸い込むことを防ぐことができます。

尚、ウイルスによる感染を防止する最も基本的な手段が、手を洗うことです。石鹸できれいに手を洗えば、ウイルスがほぼ死滅することがわかっています。

また、アルコール消毒液で、手をよく消毒することも同様です。顔を触る手にウイルスがついていなければ感染はしないので、手からウイルスを除去しておくことが大切です。

また、触ったところを消毒することも有効です。物についたウイルスを除去しておけば、他の人が同じところを触ったときにウイルスを付着させる危険がなくなります。

なお、消毒するときには手や顔に消毒液が付着しないように注意しましょう。作業のときには手袋をすることをお勧めします。

水回りの感染予防

最近では、外出時や会食時だけでなく、家庭内での感染が増えています。家族の誰かが外からウイルスを持ち込み、他の家族がそのウイルスを取り込んで感染するケースです。

家庭内の感染予防のポイントになるのが、水回りです。特に洗面所、トイレ、浴室は家族で共用することになるので、しっかりと予防策をとっておきましょう。

・水回りの予防策~消毒
家族が共用する水回りは、誰かの手にウイルスがついていると、様々なものに付着する可能性があります。
洗面所、トイレや浴室で、うがいやクシャミ、咳をすると、ウイルスを含んだ飛沫が床や壁、蛇口、トイレや浴室なら扉や取っ手等に付着します。
そのため、水回りは特にこまめに掃除や消毒を行い、清潔に保つようにしておきましょう。

・消毒の方法
水回りを含めて家庭内で消毒を行うには、市販の塩素系漂白剤を薄めて使うことができます。
主成分である次亜塩素酸ナトリウムが、ウイルスを死滅させてくれます。
市販の家庭用漂白剤を次亜塩素酸ナトリウムの濃度が0.05%になるように薄め、ぞうきんで拭いた後、別の雑巾で水拭きしましょう。
尚、消毒するときには手や顔に消毒液が付着しないように注意しましょう。作業時には、手袋をすることをお勧めします。

・水回りの予防策~トイレの使い方
ウイルスは人の体内にいるので、クシャミや咳によって唾液が飛沫となり体外に排出されます。人の排泄物からウイルスが検出された例も報告されています。

水洗トイレでは、使用後に水を流しますが、その際に多くの水が飛散しているといわれています。そのため、予防策としては流した水が飛散しないように、蓋をしてから水を流すようにしましょう。

また、飛散した水は時間の経過で床に落ちていきます。誰かがトイレを使用した後は、次に使用するまでしばらく時間を空けるようにすると、飛沫を吸い込むことを防ぐことができます。

トイレの床は定期的に消毒して、清潔に保つようにしましょう。この他、手すりやトイレットペーパーホルダーも、よく手を触れるところですので、忘れずに消毒するように習慣づけましょう。

水回りで困ったことは業者に相談

新型コロナウイルスの感染予防には、水回りをどう対策するかが重要になってきます。
トイレや洗面所やお風呂など水回りにトラブルがあれば、清潔に保つことも難しくなります。感染予防対策のためにも、水漏れ、破損などある場合には、修理や交換を水道業者に相談すると良いかもしれません。

わかやま水道職人は和歌山市をはじめ、御坊市、田辺市、新宮市など和歌山県全般で水回りのトラブルを解決している水回りのプロです。

トイレや浴室や洗面所、キッチンでのつまりをはじめ、水回りの交換や修理をお考えの方は、ぜひ気軽にわかやま水道職人にお問い合わせください。弊社のコロナ対策はスタッフの健康管理、手洗い・消毒の徹底、マスクの着用、不要な外出を控えるなど万全を期しております。

わかやま水道職人(和歌山水道職人) 0120-492-315

わかやま水道職人(和歌山水道職人) 0120-492-315