電話して相談する

水のコラム

和歌山で水道管の凍結を防止するための対処策

2021年02月04日  水道管のトラブル

和歌山でも凍結防止に備えたい

水に凍結すると体積が増えて膨張するため、水道管が寒さで凍結すると破裂するリスクが高まります。
凍結して水が出なくなるのはもとより、破裂して水が噴き出す虞もあるので、寒い時期は水道管の凍結防止対策が欠かせません。

この点、和歌山は太平洋に面し、みかんの生産量が全国的に高く、比較的温暖な地域です。一方で、高野山や熊野古道などの地域は冬場は雪が降り積もることもあります。
近年は異常気象の影響で夏場は猛暑で悩まされる一方で、冬場は大寒波が押し寄せることも少なくありません。
地域を問わず、凍結防止策を講じておくことが大切です。

水道管の凍結が起こりやすいときとは?

水道管は氷点下4℃以下になると凍結リスクが高まります。
この点、雪が降る気象条件は上空の温度がマイナス6℃以下、地上の気温が3℃以下と言われています。
つまり、雪が降る日はもとより、雪が降らなくても寒さが厳しくなると水道管の凍結リスクが起こりえるのです。

ガーデニングや洗車のために設置されている一戸建てのお庭の屋外の水栓や、アパートのゴミ捨て場などの掃除用に設置されている屋外水栓はもとより、トイレや洗面所など北側の日が当たらない場所にある水道管や、むき出しになっている水道管は特に注意が必要です。

水道管を凍結させないための対処策

水道管が凍結すると水が出なくなって生活に支障が生じたり、水道管にヒビが入って水漏れしたり、破裂して水が噴き出して止まらなくなる虞があります。
大きなトラブルを避けるためには、事前に凍結防止のための対策を行わなくてはなりません。

大きく分けると寒さに備えて行っておきたい事前対処策と、寒さが厳しくなると予報が出た際の直前に行う対処策があります。
それぞれ詳しく見ていきましょう。

事前対策
まず、屋外に設置されている水栓やむき出しになっている水道管の防寒対策が必要です。
手間や時間がかかるので直前では間に合いませんので、冬に入る頃には行うようにしましょう。
ボロ布などを巻きつけたり、使い古しのニット帽子に穴を開けて筒状にしてかぶせるなど、あるもので対処できます。
また、地下式のメーターボックスには隙間に砕いた発泡スチロールを詰め込んだり、ボロ布や新聞紙を隙間に詰めて防寒を図りましょう。

直前の対策
冬場は毎日、天気予報をチェックするようにしましょう。
寒波の襲来や雪の予報が出たり、低温注意報などが出された場合には、寝る前にご自宅やアパートで使用している水道の蛇口を開いて出しっぱなしにしてください。
夜間は日差しのある日中に比べても、冷え込みが厳しくなります。
加えて寝ている間は室温も下がり、水道をほとんど使わないため、ゼロ度超しの液体が流れなくなるため、凍結しやすい状態になってしまうのです。

そこで、寝る前に水道をポタポタと出しっぱなしにしておくことで凍結しにくくなり、朝、トイレに行ったり、顔を洗ったり、ご飯を作るのに水が出なくて困るといった事態を避けることができます。

ガス給湯器も気を付けよう

水道に加えて、ガス給湯器も配慮が必要です。
ガス給湯器には内部に水を通す管がありますが、使用中だけでなく、使用していない間もガス給湯器の内部や配管の中には水が残った状態になります。
寒さが厳しいと残った水が凍りつき、使えなくなることがあるので注意が必要です。
対処策としては、寝ている間も追い焚きスイッチを入れっぱなしにする方法があります。
なお、ガス給湯器の中には凍結防止機能つきの製品もあるため、取り扱い説明書に従ってください。

長期で留守にする場合

旅行や帰省などで長期にわたって留守をする場合をはじめ、和歌山にある空き家や、入居者がしばらく入らないアパートの空き部屋がある場合、蛇口の立ち上がりやボイラーなどが凍結し破裂するリスクがあるため、水抜きを行っておくことが大切です。

水道管が凍結してしまったら

事前対策を講じても水道管が凍結してしまった場合、どうすればいいのでしょうか。
外の水栓など直ぐに使わないなら、日中に気温が上がったり、日差しが出てくると少しずつ溶けて、自然と水が出るようになります。

一方、屋内の水道で朝の身支度や朝食のために使えないと困るという場合には、タオルで覆った上でぬるま湯をかけたり、ドライヤーで温風をかけて温めると凍結が溶けていきます。
ただし、急いで溶かしたいと熱湯をかけるのはやめましょう。一気に温度変化が起こり、破裂するリスクを高めます。
万が一、水道管が破裂してしまった場合には、焦らず、止水栓や元栓を閉めて水が出ないようにしてください。そのうえで、水道修理業者を手配し、破損箇所の修理が必要です。

水道管の凍結にお困りなら

わかやま水道職人は和歌山市、海南市、有田市、田辺市、紀の川市など和歌山県全般で水回りのトラブルを解決している水回りのプロです。
水道管の凍結をはじめ、水回りのトラブルでお困りの際には、わかやま水道職人にお気軽にご相談ください。

わかやま水道職人(和歌山水道職人) 0120-492-315

わかやま水道職人(和歌山水道職人) 0120-492-315