電話して相談する

水のコラム

トイレの詰まりに注意!日頃の注意が危険を遠ざける

2021年02月08日  トイレのトラブル


水回りのトラブルは数多くありますが、トイレの詰まりはその中でも深刻な部類です。衛生上、放置できるものではありませんし、できれば詰まって欲しくないものです。
詰まらせないために日頃からできるちょっとしたコツや、もし詰まってしまったときの対応をご紹介します。
 

詰まりかけの時点で注意!その原因とは

トイレは突然詰まるときもありますが、それ以前に詰まりそうな兆候を見せることがあります。以下のような状態に気付いたら、「トイレが詰まりかけているのでは?」と考えてみましょう。
 
1 便器で水を流したときの勢いが弱い・速度が遅い
水を流したときに普段の勢いがなく、「水流が弱いな」「流れ切るのが遅いな」と感じたら、詰まりかけを用心しましょう。これは便器の奥の異物が原因で排水管をせばめ、流れにくくなっている状態です。この場合、できるだけ早めの対処が必要です。この状態で放置してしまうと詰まりかたがもっと悪化し、最終的に大きなトラブルに繋がってしまいかねないのです。
 
2 水を流すと水位が上がる
流したあとの流れが悪く、一時的とはいえ水位が上がってくるような症状が出てしまうと詰まりが悪化している証拠です。時間が経てば水位が通常通りに戻るからといって放置しておくことはおすすめできません。
目に見えないため意識しにくいかもしれませんが、水位の上昇が確認できる場合、排水管がすでに詰まりつつあるという危険な状況です。早めに異物を取り除き、水の流れを正常に戻さなくてはいつか溢れてしまいます。
 
3 水を流したときに聞こえる「ゴボゴボ」という異音
水を流したときに異音がするのなら、こちらも要注意です。「ゴボゴボ」という音がしたら、やはり詰まりかけているサインです。こちらは便器側から繋がる排水管ではなく、建物の外にある排水枡に問題があるケースが考えられます。この場合、個人で対処するにはやや難易度が高いため、水道修理業者に依頼して下さい。
 
賃貸住宅にお住まいなら、水道修理業者より先に大家さんか賃貸管理会社に一報を入れます。
大家さん指定の水道修理業者がいるようなら、そちらで手配をすることになります。持ち家にお住まいなら、自分で水道修理業者を選ぶことができます。しかし、分譲マンションは管理組合が業者を指定しているケースもありますので、先に確認をしておきましょう。
 

流すと詰まるもの・詰まりやすいもの

詰まりかけたり詰まってしまうのは、大抵は異物が詰まっているためです。異物を落下させてそのまま流してしまうと詰まりやすいため、注意して下さい。
また、本当は流してはいけないものを流していたなど、自分では予想外のものが原因になっていることがあります。トイレに流してしまうと詰まりやすいものは以下のものです。
 
1 ティッシュペーパー
ティッシュペーパーはトイレットペーパーと異なり、水に溶けにくい材質で作られています。トイレットペーパーのように流してしまうと詰まりの原因になりやすいため、トイレに流さずに処理しましょう。
 
2 シートタイプのトイレクリーナー、お掃除シート
便利なクリーナーシートは、「水に流しても大丈夫」という種類のものも数多く発売されています。確かに水に流せる材質で作られていますが、これはあくまで「少量なら流せる」と考えておくと良いでしょう。
数枚まとめて大量に流したりすると溶けきらず、トイレを詰まらせてしまいます。しばらく経てばある程度は溶けますが、時間がかかるため不便を感じてしまうでしょう。
 
3 生理用ナプキン、おむつなど衛生用品
トイレで処理することが多い衛生用品ですが、どちらも水に溶けないものです。トイレに流さず、可燃ゴミや自治体で指定された処分方法を守りましょう。
 
4 ペットシート
ペットシートも水に溶けないため、流すと詰まりの原因になります。処分のときには適切な処理が必要です。また、ペットの排泄物そのものはトイレに流して良い自治体と、可燃ゴミで出す方針の自治体に分かれています。分からないときは自治体に問い合わせが必要です。
 
5 食べ残しや嘔吐物
こちらはいずれもトイレに流して大丈夫そうに思えますが、やむを得ない場合以外には流さないほうが良いでしょう。物体に付着している油分が排水口にこびりつきます。こびりついた油分は流れにくく、さらに油分にゴミが付着することによって堆積し、最終的に詰まりの原因になりやすいのです。
 
6 うっかり落とした異物
携帯電話やおもちゃ、メガネやアクセサリーなど、トイレを使うときにうっかり落としてしまった異物は早急に拾い上げましょう。流してしまうと排水管を塞いでしまうことがあり、詰まりを起こしてしまいます。
流してはいないものの奥まで滑り込んでしまった、拾えない…というときには、ラバーカップ(スッポン)を試してみましょう。価格は100円~1,000円が一般的ですので、購入しやすいものです。
 
わかやま水道職人では、岩出市をはじめ、紀の川市、和歌山市、そのほか多くのエリアで水回りのトラブルに対応しています。
トイレの詰まりや詰まりかけもすぐに駆け付けます。事前お見積もりは無料です。お困りの際にはお問い合わせ下さい。

わかやま水道職人(和歌山水道職人) 0120-492-315

わかやま水道職人(和歌山水道職人) 0120-492-315