電話して相談する

水のコラム

床一面が水浸し!洗面所の水漏れ原因と対処方法は?

2021年02月08日  洗面所のトラブル

気が付いたら洗面所の床一面が水浸しに!という水漏れ経験をした話はよくあるものです。生活も不便になりますし、すぐに水漏れを直したいものです。水漏れに多い原因や、自分でもできる適切な対処方法をご紹介します。
 

水漏れの原因は?洗面所の蛇口をチェック

洗面所の水漏れの原因は様々です。まずは蛇口をチェックしてみて下さい。
 
1 水栓上部、またはパッキンの劣化が起きている
水栓上部やパッキンが劣化していると水漏れの原因になります。蛇口からの水漏れの場合、この2つの劣化が原因であることが多いため、まずはこの部分をチェックしておきましょう。
 
水栓上部の種類は様々です。ハンドル式水栓、レバー式水栓、特殊水栓に分かれています。いずれも付け根の部分から水漏れしているようであれば、水栓上部の劣化が原因だと考えて良いでしょう。また、水栓上部の内部にあるパッキンの劣化も同様の状態を起こしやすくなっています。この場合には内部のパッキンを交換すると、高確率で水漏れを解消することができます。
 
2 カートリッジの劣化が起きている
水栓の内部の部品にカートリッジがあります。もし、内部パッキンに劣化や異常が見られなければ、このカートリッジの劣化も視野に入れておきましょう。こちらもカートリッジを交換することによって、水漏れの解消に繋げられるケースがほとんどです。交換は自分でもできる難易度ですが、無理をせずに水道修理業者を呼んでも良いでしょう。
 
3 蛇口本体の劣化が起きている
蛇口本体の劣化はスパウト(水が出るパイプの部分)の劣化を指します。スパウトは左右に動かす機会が多いため、消耗・劣化しやすい部分です。蛇口を捻っていないのに水がポタポタ漏れてくる、スパウトの根元部分から水が漏れているという状態であれば、スパウトを交換すると良いでしょう。
 
スパウトの交換も自分ですることができる種類のものですが、DIYがあまり得意ではないという人にとってはやや難易度が高くなります。修理・交換をしているはずが状況を悪化させてしまった…ということもよくありますので、得意な人や水道修理業者に任せても良い部分です。
 
4 排水管の劣化が起きている
床一面が水浸しになるような水漏れを起こしてしまったのなら、蛇口よりも排水管が原因である可能性が高い状態です。洗面所の下を覗き、排水管をチェックしてみましょう。
 
洗面台の排水口から繋がっているパイプ部分や、その下に続く排水管へのパイプにひび割れやズレ、腐食が生じ、そこから水が漏れてしまっていることがあります。ひびを埋めたりパイプの交換をしなければ水漏れが続くことになりますので、早急な修理・交換が必要になります。水道修理業者に依頼する人が多い水漏れのパターンです。
 

水漏れの原因は?洗面所の蛇口をチェック

劣化ならパーツ交換をすれば大体OK
どの部分からの水漏れでも、劣化が原因であればパーツ交換で修理が完了します。自分で作業する場合にはまず止水栓を締め、水が出ない状態にしてから取りかかりましょう。止水栓を締めず、水が出る状態のまま作業をしてしまうと、同様の水漏れが起こってしまいます。それどころかパーツを外しているときに何かの拍子に勢いよく水が噴き出し、さらに周囲に被害を広げてしまうかもしれません。
 
水栓上部やスパウトのパーツは同じ型番のものを用意しましょう。ホームセンターや通販で手に入ることも多いのですが、メーカーに直接問い合わせてみるのも確実な方法です。パッキンやカートリッジ部分も同様ですが、水栓上部よりは比較的簡単に手に入れやすいものです。
 
また、自分で行う修理には工具も必要です。レンチやドライバーなどを前もって準備しておきましょう。最近では修理用の工具をセットにし、手頃な価格で売っている通販サイトなどもあります。しかし、自分で修理する時間がない、技術的に自信を持てないというのであれば、水道修理業者の出番です。洗面所に限らず、水道関係は生活に直結する大切な部分です。無理をせず早急に修理したいというときには、近所の水道修理業者への依頼を検討しましょう。
 

違和感があったら水漏れの危険を疑おう

洗面所の水漏れは、おおごとになる前に前兆を見せているケースがあります。いつもと水の出方が違ったり、きつく締めたはずの蛇口回りが濡れていることに気付いたら、水漏れの前兆だと考えられます。その蛇口を使い始めてからの年数やパッキン交換の履歴などを考えてみると、いつ水漏れを起こしてもおかしくない。ということが推測できます。
 
蛇口の耐用年数は10年程度だと言われています。もちろん使用頻度やメンテナンスの状況によって、この年数は多少変わってくるでしょう。とはいえ、1つの目安になることは確かですので、水回りの不調を感じたら、まずは耐用年数について考えてみると良いでしょう。
 
わかやま水道職人では和歌山市、田辺市、岩出市など、和歌山県の広い地域で水回りのトラブルに出張対応致します。
お電話1本で受付可能です。多数のお支払い方法にも対応可能ですので、ぜひお気軽にご連絡下さい。

わかやま水道職人(和歌山水道職人) 0120-492-315

わかやま水道職人(和歌山水道職人) 0120-492-315