電話して相談する

水のコラム

トイレで発生するさまざまなトラブルの対処法

2021年03月25日  トイレのトラブル

水が流れなくなるなど、トイレは何かしらトラブルが発生しやすい場所です。この問題を解決するには、まず原因を見つけて、それにあった方法で対処します。トイレが故障する主な原因と場所、そしてトラブルが発生した時の対処法についてご紹介します。

トイレで発生する主なトラブル内容

トイレでよく起こるトラブルの症状は、「水が流れない」ことと、逆に「水が止まらない」ことです。水が流れないのは、何かが詰まっている可能性があります。たとえば、トイレットペーパー以外のものを便器に流すと、詰まってしまいます。

タンクレストイレを設置するご家庭も増えてきました。タンクレストイレは見た目がスッキリしているだけでなく、掃除がしやすく水が溜まるのを待つ必要がないため、連続使用も可能といったメリットがあります。その反面、詰まりやすいとも言われていますが、これはトイレを稼働させている水圧が不十分であったり、ポンプなど、使用している部品が壊れているなどの原因が考えられます。

トイレの水が止まらない原因として、ゴムフロートやボールタップ、オーバーフロー管の破損が考えられるでしょう。ゴムフロートは、排水弁を塞ぐ役目を果たしていますが、そこにゴミなどが挟まると、水を完全にブロックできずに、水が便器に流れ出て、止まらなくなります。

ボールタップが老朽化して傷みが激しくなると、水位の調節がうまくいかなくなり、水が流れっぱなしになることもあるのです。オーバーフロー管は、タンクに溜まっている水が溢れ出ないように、トイレに水を流していますが、これが壊れると、調節がうまくいかずに水が止まらないようになります。

場所別に発生するトラブル

トイレは、便器とタンクが組み合わさっていて、タンクは給水管から流れてくる水をためたり、便器に水を流したりする働きがあります。さらに、便器は排水管でつながれていて、トイレットペーパーや尿、便などは、便器から排水管へと流す仕組みです。このように、トイレはたくさんのパーツで構成されていて、トラブルが発生する場所もさまざまです。場所ごとに、発生するトラブルについて見てみましょう。

タンクにはボールタップをはじめ、オーバーフロー管や浮き球、ゴムフロートなど、水の水位や出し入れを調節する部品が数多くあります。水が流れない・流れて止まらないといったトラブルのほとんどは、これらの部品が老朽化して破損していることによるものです。タンク本体にヒビが入ったり、欠けたりすると、そこから水が漏れることもあります。

排水管は、便器から流されたものがたまることによって詰まり、水が流れなくなってしまいます。大量のトイレットペーパーや便、そしておもちゃやゴミなど、誤って流すことが、詰まりの原因です。放っておくと汚水がいつまでも便器に残ることになります。便器のトラブルには、便座や便座の蓋が欠けたり、ヒビが入ったりすることが挙げられます。

ウォシュレットを使用している場合は、ウォシュレットから水が出なくなった、または水が流れたまま止まらないなどのトラブルが発生するでしょう。その他給水管が破損し、水漏れを起こすこともよくあるトラブルです。トイレのトラブルが発生した場合、どこでどのような現象が現れているか、詳しくチェックしてみましょう。

トイレのトラブル対処法

トイレのトラブルには、部品の交換など、自分で修理できるものから、専門家に依頼して修理してもらうものまであります。排水管が詰まった時の、自分でできる対処方法について解説します。

まずは必要な道具を準備しましょう。ドライバー、バケツ、ニューラバーカップ、手袋、新聞紙、ゴミ袋、ビニールシート、重曹、アルカリ性洗剤などです。道具を準備したら、止水栓を閉めます。止水栓は、給水管についていて、手またはマイナスドライバーを使って時計回りに回します。ウォシュレットを使用している場合は、電源プラグを抜いておきましょう。

便器のまわりに汚物などが飛び散らないように、新聞紙やビニールシートを敷き詰めます。そして、バケツに水を入れて、それを高い位置からゆっくりと水を流していきます。軽い詰まりであれば、これで解消されるはずです。

もし、効果がない場合は、ニューラバーカップを使います。トイレットペーパーが大量に詰まったことによる詰まりであれば、人肌より高めのお湯(40~50度程度)が効果的です。詰まりの原因が便の場合は、水で薄めたアルカリ性の洗剤を使用しましょう。

流してはいけないものが詰まっている場合は、無理に取り除こうとせず、専門家に修理を依頼します。オーバーフロー管やボールタップ、ゴムフロートなどタンク内の部品の交換も、DIYが得意な人なら自力で交換できるでしょう。しかし、素人が無理に修理しようとすると、状況を悪化させる恐れがありますので、不安な場合は専門家に修理を任せるのが無難です。

まとめ

トイレのトラブルが発生したときの対処法について、その原因と発生場所、さらに、自分でできる対処法を説明しました。水漏れなどのトラブルが発生した場合、冷静になってタンクや給水管、水の流れ具合などを確認し、原因を突き止めることが大切です。

わかやま水道職人は、和歌山市、紀の川市、橋本市、田辺市、海南市、有田市、岩出市など、和歌山県内で水回りのトラブルを解決している、水回りのプロです。トイレや浴室や洗面所、キッチンでのつまりをはじめ、水回りのトラブルでお困りの際には、ぜひ気軽に、わかやま水道職人にお問い合わせください。

わかやま水道職人(和歌山水道職人) 0120-492-315

わかやま水道職人(和歌山水道職人) 0120-492-315