電話して相談する

水のコラム

トイレのトラブルは何が原因?発生する原因と対処方法を紹介します

2021年03月29日  トイレのトラブル

トイレの詰まりの原因は何?対処法も紹介します

トイレのトラブルとしてよくあるケースは詰まりです。
では詰まりの原因は何でしょうか。

・トイレ詰まりの主な原因とは
主なものとして、大量のトイレットペーパーや排泄物、水に溶けない異物を流してしまうのが原因です。
ほかにも、水流の圧力が足りない、トイレの構造上の問題といったことが挙げられます。
対処法としてさまざまな方法がありますが、その前に症状を見てみましょう。

水位の上昇や水の流れの悪化ですと、トイレの排水路に詰まりの原因物があることが多いです。
しかし、ゴボゴボといった異常な音ですと、排水路先の排水管が詰まっている可能性があります。
そうなると、奥深くあるため、個人で解決することは困難になるので、そのときは修理会社に依頼する必要性が出てきます。

そして、症状を確認後、作業を開始するにあたって、止水栓を締め、ウォシュレット設備がある場合はその電源プラグを抜き、バケツなどの便器の水を移せるものを準備することが重要です。
こうすることで、水が溢れるといった別のトラブル発生を事前に防げます。
 
 
・トイレの詰まりの対処法とは
対処法としのポイントは、第一に取り出しや破壊、第二に溶解です。
第一の方法としては、ラバーカップが挙げられます。
トイレの詰まりを取るには効果的ですが、気をつけるべき点があります。
それは、強い力で押さないことです。
そうしないと、詰まっているものを奥に押し込んでしまうおそれがあります。

ゆっくり押して勢いをつけて強く引くことで、詰まりを取り出しやすくなります。
ラバーカップ以外にも、パイプクリーナーや細長いワイヤーブラシも有効です。

第二に、溶かすものとして、40度から60度のぬるま湯で流したり、アルカリ性洗剤などを使用したりすることが挙げられます。
これは、詰まっている紙や排泄物を溶かす意味では効果的です。
もちろん、溶かす観点では放置も対処法ですが、ぬるま湯や洗剤を用いることで溶ける時間が早まり改善しやすくなります。

どの方法も、やる上で無理をしないことが重要です。
それでも直らない場合、費用はかかりますが、修理会社に依頼した方が有効です。

トイレの水が出ない原因は何?対処法も紹介します

トイレの手洗い管から水が出ないトラブルがあります。
水が出なければタンクへの給水がされないため、結果使えなくなってしまいます。
さらに、このまま放置してしまうと、使用不可のほかに、タンクの外に水が漏れるという事態が発生することも否定できません。
では、手洗い管から水が出ない原因は何でしょうか。

・トイレの水が出ない主な原因とは
第一にあるのは、止水栓が締まっていることです。
この場合は、締まっている部分を開ければいいのですが、その際に付近にあるナットが緩んでいないかも確認しておくのも有効です。

第二に、タンク内にある部品の故障や劣化が挙げられます。
タンク内には、ダイヤフラムや浮きゴム、手洗い管とつながっているじゃばらホースなどの部品がありますが、長年使っていると劣化していきます。
トイレの水は、直接手洗い管に行く訳ではありません。
タンク内の部品に給水されて、その後、じゃばらホースを経由して手洗い管に流れます。
そこが故障すると、手洗い管に水が流れなくなります。

第三に、手洗い管のフィルターの汚れやオーバーフロー管の破損です。
オーバーフロー管というのは、トイレタンクに給水された水が溢れ出すのを防ぐためにある部品です。
トイレタンクの水位が半分以下だと、オーバーフロー管が原因の可能性があります。
 
 
・トイレの水が出ないときの対処法とは
対処する上でまず行うのは、止水栓を締めることです。
これは作業中に水が出ないようにするために行います。

次に、レバーで水を抜きます。
これは作業がしやすくなるためです。
タンク内の部品の場合は、そこでネジなどを回して取り出して、新しい部品と交換します。
浮きゴムの交換については、交換後に止水栓を開けて標準水位、オーバーフロー管の2から3cm下くらいまで水が溜まりそこで水が止まるかを確認します。

もし水が多く溜まってしまったら、浮きゴムの鎖を長く調整していきましょう。
フィルターは、歯ブラシなどで洗うと汚れが取れて改善されますが、オーバーフロー管の場合は交換になります。

しかし、その際にトイレタンクも外すため、作業が増えてしまいます。
まず、給水管から外してトイレタンクを固定しているナットを外し、タンクを移動させます。
そのときに部品をなくさないことと、トイレは陶器なので衝撃を与えることなく、ていねいに扱うことが大事です。
そしてトイレタンク裏底にあるオーバーフロー管にあるナットを外し、オーバーフロー管を新しいのに交換し、元に戻して完了です。

水のトラブルは水回りのプロへ

水が止まらない場合における対処法のほとんどは交換です。
これは確かに自分で行うことはできますが、作業方法を間違えて故障するリスクがあります。
そのため、修理会社に依頼するのが安全ですし、無難といえます。

わかやま水道職人では、和歌山市・橋本市・有田市・御坊市・新宮市などの和歌山県全般で、トイレなどの水回りトラブルの解決に力を入れています。
見積もり無料で24時間受付をして、電話後1時間以内に現場に駆けつけます。
水回りのトラブルが起きた際には、我慢することなくわかやま水道職人にお問い合わせください。

わかやま水道職人(和歌山水道職人) 0120-492-315

わかやま水道職人(和歌山水道職人) 0120-492-315