電話して相談する

水のコラム

トイレが臭いときの原因や対処法について解説

2021年03月29日  トイレのトラブル

トイレから悪臭がするとき

トイレを使用する際に、何となく不快な臭いがするといった経験は少なくありません。
それが一時的なもので、消臭スプレーなどですぐに改善できれば問題ありませんが、長い期間悪臭が消えないとなると早急に対応する必要があります。

便器の付近や排水管の内部で何らかのトラブルが発生している可能性もあり、場合によっては放置しておくと壁や床のリフォームをしなければならないケースもあるでしょう。
何かトラブルが起こったとき、慌てずに対応するためにも本記事を参考にしてみてください。

トイレから悪臭が発生する原因について

トイレで悪臭が発生する原因は大きく分けて5種類あります。
まずは排泄物が放つ悪臭です。
トイレを使用した後は排泄物を流すために水を流しますが、便器のフチや裏側には流し切れていない排泄物が付着している場合があります。

普段トイレを清掃する際には、便器の中心部分を重点的に清掃することも多いかと思います。
しかしそれでは便器のフチや裏側に付着した排泄物を落とすことは不可能です。
もし普段の清掃していなければ、トイレ用のブラシやお掃除シートを活用するとよいでしょう。

尿が跳ね返ることで、便器のフチや便座の裏側に付着する場合もあります。
男性が立って用を足す場合には、壁や床に尿が跳ねることで付着することもあるでしょう。
跳ねた尿を放置していると乾いた際に、アンモニア臭を発生させてしまいます。
アンモニア臭は普通の汚れと違い、通常トイレに使用する洗剤では落とすことが難しいです。

また、壁紙に染み込んだ臭いが悪臭を放っていることも考えられます。
長期間同じ壁紙の使用を続けていると、壁紙に臭いが付着しますが、特にトイレになるとアンモニア臭なども含まれるため専用の消臭剤などが必要になります。

カビの発生も原因として挙げられるでしょう。
トイレの壁や床下にある配管にトラブルが生じて、水漏れが起こり内部で大量のカビが発生している可能性があります。
悪臭がひどい際は専門業者に依頼して修理や調査を依頼するとよいです。

最後にトイレに溜まっている水の水位が下がることです。
トイレに溜まっている水は封水と呼ばれており、下水から発せられる臭いの逆流を防ぐ役割もあります。
水位が下がっているときには、排水管の内部でトラブルが起こっている可能性が高いです。
トラブルの原因となるつまりを自力で解消できない際は、こちらも専門業者に依頼することをおすすめします。

アンモニア臭が原因の対処

アンモニア臭は酸性洗剤を活用することで溶かすことが可能です。
尿が跳ねることによって飛散した尿を放置しておくと、水分がなくなり尿石と呼ばれるものになります。

基本的にトイレの洗剤にはアルカリ性の洗剤を使用することが一般的ですが、尿石はアルカリ性の汚れになるため使用する洗剤も酸性の物でなければいけません。
近くのドラッグストアなどで購入可能ですので、そちらを使用するとよいでしょう。

便器の水たまりの周囲に付着した汚れにはお酢と重曹を用いた清掃方法がおすすめです。
お酢を100mlと重曹1/4カップをスプレーボトルなどに混ぜ入れ振りかけます。
60分ほど放置したのち、振りかけた箇所をブラシで磨くことで尿石を落とせます。

トイレの壁紙から悪臭が発生する場合の対処

壁紙に付着した臭いには洗剤を使用することは不可能です。
壁紙の臭いをとるためには、アンモニア消臭スプレーの使用をおすすめします。

ホームセンターやドラッグストアなどで購入できるため、入手は容易ですが製品によっては使用できる壁紙が限られている点には注意が必要です。
事前に自宅の壁紙を調べてから、購入するようにしましょう。

カビが悪臭の原因になっている場合の対処

壁や床下の配管から水漏れが起こり、カビが発生している場合には早急な対処が必要です。
異変を感じたらすぐに業者に連絡するようにしましょう。
またこの水漏れを放置していると、シロアリの発生や木材が腐ってしまうことによる悪臭以外の被害も発生する可能性が高くなります。
水漏れの修理だけでなく別箇所のリフォームなどが必要になってきますので、可能な限り早く対処することが望ましいです。

封水切れが起こることで下水臭が発生した際の対処

封水切れが起こる原因は、便器のつまりになります。
つまりの解消は業者に修理を依頼する前に、自力で解決できる可能性もあるので試してみましょう。
トイレットペーパーといった紙の詰まりであれば、スッポンなどを使用することで解消可能です。
他にも重曹とクエン酸を組み合わせて詰まりを解消させ、お湯を流し込むことで詰まりを解消する方法もあります。

家にあるものを専用道具の代わりに使用して解消できる場合もありますので、時間に余裕のある際やなるべくお金をかけたくない場合などは試してみるとよいでしょう。
ただし何らかの異物を落としてしまいつまりが発生した際や、排水路内で起こるトラブルに関しては業者への依頼が必要になります。

トイレのトラブルでお困りなら

わかやま水道職人は和歌山市、橋本市、岩出市など和歌山県全般で水回りのトラブルを解決している水回りのプロです。

トイレや浴室や洗面所、キッチンでのつまりをはじめ、水回りのトラブルでお困りの際には、ぜひ気軽にわかやま水道職人にお問い合わせください。

わかやま水道職人(和歌山水道職人) 0120-492-315

わかやま水道職人(和歌山水道職人) 0120-492-315