電話して相談する

水のコラム

洗面台のシャワーホースから水漏れ発生!自力で直す2つの方法

2021年03月29日  シャワーの水漏れ

シャワーの水漏れ
洗面所で発生する水漏れトラブルの中でも、比較的多いのがシャワーからの水漏れです。
修理業者に依頼するのが一番ですが、費用が気になる場合はDIY修理に挑戦するのもおすすめです。
洗面所のシャワーから水漏れした場合の、2つの修理方法を紹介します。

シャワーホースからの水漏れにはホース交換で対応

洗面所のハンドシャワーからの水漏れは、シャワーのどの部分で水漏れが発生しているのかによって、修理方法が異なります。
まずはシャワーホースから水漏れしているケースの修理方法をチェックしてみましょう。

シャワーホースの途中に穴があいて、そこから水漏れしている場合、シャワーホースを交換するのがベストです。

水漏れ箇所がよくわからない場合、ホースを限界まで引き出してみて、問題発生箇所を特定してみてください。

またシャワーホース下の水受けに水が溜まっている場合も、ホースの途中から水漏れしている可能性が疑われます。
こちらの場合も、ホース交換を実践してみましょう。

ホースを交換するためには、自宅の蛇口と同じ規格のホースを購入する必要があります。
蛇口のメーカーや型番を調べた上で、適合する部品を購入しましょう。
部品が揃ったら、以下の手順でDIY修理交換をスタートします。

1.止水栓を閉める
2.水受けを外す
3.シャワーホースの接続部分を取り外す(ナット式・ワンタッチ式)
4シャワーヘッドを持ち上げて、ホースを洗面台から引き抜く
5.新しいホースを取り付ける
6.ホースを接続する
7.水受けを設置する
8.止水栓を開けて、水漏れしていないかどうか確認する

シャワーホースを取り外す際には、ナット式とワンタッチ式で作業内容が異なります。
ナット式の場合、ナットを回して外すことになりますが、外した瞬間に水が出るので注意してください。

2本のモンキーレンチを使い、ホースとナットの両方を固定しながら作業するのがおすすめです。
近年増えているのがワンタッチ式で、こちらはナット式よりも楽に外せます。
ジョイント部分の部品をつまんで下げるだけで、ホースを取り外しが可能です。

シャワーヘッドとの接続部分からの場合はパッキン交換

同じ「シャワーからの水漏れ」に見えても、ホースではなく、シャワーヘッドとの接続部分からポタポタと水が落ちているケースもあります。

この場合の原因は、両者のつなぎ目部分に使われているパッキンの劣化の可能性があります。
パッキンはもともと消耗品の一つであり、一定期間ごとに交換することを前提に設置されていますから、より簡単にDIY修理できるでしょう。

洗面台のシャワー水栓のパッキン交換は、以下の手順で実施してみてください。

1.止水栓を閉める
2.シャワーヘッドを取り外す
3.ヘッド側とホース側のパッキンを、それぞれ新品に交換する
4.シャワーヘッドを再度取り付ける
5.止水栓を開けて水漏れしていないかどうか確認する

洗面台用のパッキンにもさまざまな種類があり、購入時には自宅の水栓と適合するタイプを購入する必要があります。
水栓の情報を事前に調べて、買いにいくことをおすすめします。

部品選びに自信が持てないときには、メーカーサポートに連絡してみてください。
水栓に関する情報から、適合する部品情報を伝えてもらえるでしょう。
メーカーが生産していれば、純正の交換用パーツを購入できる可能性もあります。

またパッキン交換時に多いのは、「パッキンを外す際に何気なく作業してしまったため、新しい部品を取り付ける際に、正しい向きがわからなくなってしまった!」というトラブルです。

DIYで修理交換する場合は、ひとつひとつの手順を焦らずに行い、必要であればスマホで写真に収めておくと安心です。
取り付け時には画像を見ながら、より確実に作業できるでしょう。

パッキン交換は、DIYでも決して難しい作業ではありません。
作業前に止水栓を閉めることだけは忘れずに、気軽に挑戦してみてください。

シャワーホースの寿命は約10年

洗面所のシャワーから水漏れした場合、「なぜ?」と思う方も多いのではないでしょうか。

「もしかしたら使い方が悪かったせいかも…」と思うこともあるかもしれませんが、多くの場合で原因は「寿命」です。
水栓本体やシャワーホースの寿命は意外と短く、設置から10年以上が経過すると、トラブル発生確率も急激に上昇していきます。

使われている素材や部品が、10年程度で寿命を迎えるというわけです。

水漏れが発生してから修理するのは、負担も大きくなってしまいがちです。
設置から10年以上が経過したら、たとえ水漏れしていなくても、予防対策として交換しておくのも良いでしょう。

早めに作業した方が、交換用パーツを入手しやすいというメリットもあります。
ぜひ寿命についても意識しながら、自宅の洗面台を長く使えるよう計画してみてください。

洗面所のシャワーの水漏れは業者依頼で安心・確実

洗面所のシャワーから水漏れした場合、DIYで対応することも可能です。
しかし「必要なアイテムを持っていない」「水回り作業に自信がない」という場合に、無理は禁物です。
途中で突発的なトラブルが起きた場合に対処できない可能性もありますから、最初から修理業者に依頼するのがおすすめです。

和歌山県田辺市、紀の川市、岩出市、新宮市、有田市でお困りの際には、わかやま水道職人が対応いたします。
24時間お電話一本で駆け付けますから、安心してお電話ください。
作業前には無料見積もりを実施するなど、お客様が安心して利用できるよう配慮しています。

わかやま水道職人(和歌山水道職人) 0120-492-315

わかやま水道職人(和歌山水道職人) 0120-492-315