電話して相談する

水のコラム

トイレの床が水浸しに!知っておくべき応急処置法とその後の流れ

2021年04月27日  トイレのトラブル

トイレの床が水浸しになる原因はさまざまです。
ただ、いずれの原因にしても、放置するのは辞めましょう。
トイレの床の水濡れを放置してはいけない理由と、考えられる原因、そして必要な修理内容と費用相場をお伝えします。水漏れ予防にもお役立てください。

床の水漏れ放置は危険

トイレに限らず、水回り設備からの水漏れトラブルは、決して珍しくはありません。
だからこそ、「ときどき濡れているけれど少量だし…。まあこまめに拭いていれば大丈夫だろう」と安易に判断してしまう方もいるのではないでしょうか?
しかしトイレの床の水漏れを、放置するのは危険です。

トイレ床の水漏れを放置すると、以下のようなトラブルを引き起こす可能性があります。

・カビの発生
・異臭の発生
・床材の腐食
・階下への水漏れ被害
・シロアリの発生

日本の住宅は一般的に木が使われていて、水に弱いという特徴があります。
漏れだしている水の量が少なくても、与えるダメージは決して小さくありません。
水漏れが発生している場所は、常に湿気が多く、カビが発生しやすい条件を満たしてしまいます。
カビや腐食による被害が進行すれば、家の構造がボロボロになってしまったり、異臭が気になったりします。

現場が2階トイレの場合、水漏れによる影響は1階にまで及ぶでしょう。
トイレの真下の天井や家財道具に影響が出る可能性も否定できません。
賃貸住宅の場合はさらにリスクが高く、階下のお宅に迷惑をかけてしまう可能性があります。

なぜ水浸しになったのか、原因を究明しよう

トイレの床が水浸しになったときには、できるだけ素早く適切に対処する必要があります。
そのために重要なのは、トイレの床が水浸しになっている原因の究明です。
水漏れの原因によって、対処法が異なります。
自分で対処できる可能性が高いのは、以下のような事例です。

・尿こぼれ
・結露

トイレの床が濡れているからといって、その水がトイレ設備から漏れだしたものとは限りません。
この場合、トイレ設備の修理交換は必要ないケースが多いので、きちんと掃除した上で、環境整備を意識しましょう。
特に結露は、トイレ内の温度や湿度といった条件に左右されやすいもの。こまめな換気を心掛けて、湿度をコントロールしてください。
ただし、どれだけがんばっても結露が改善しない場合、トイレタンク内の部品(浮きゴムやオーバーフロー管など)の劣化・故障の可能性も考えられますから、修理業者に一度相談してみるのもおすすめです。

「水漏れしているのは確実だけど、どこから漏れ出ているのかわからない」という場合に多いのは、便器と床の間から水漏れしているパターンです。
こちらの場合の原因としては、以下のようなものが考えられます。

・床下の排水管の破損
・便器本体の設置不良
・便器のヒビ、破損
・ウォシュレットや給水管などの接続トラブル

接続部分のパッキンの劣化など、水漏れの原因が明らかであれば、劣化した部品を新しいものへと交換すれば修理できます。
床が水浸しになることもなくなるでしょう。

ただ、便器と床の間から水漏れしている場合のほとんどは、自力での修理交換が難しいケースに当たります。
自分でなんとかしようと時間ばかりが経過してしまうくらいなら、二次被害を防ぐためにも、水回りの修理業者に依頼するのがおすすめです。

必要となる修理費用と相場は?

トイレの水漏れで床が水浸しになってしまった場合、必要となる修理費用は、現場の状況によって異なります。
水漏れトラブルが発生した際に、早期発見・早期対処が可能であれば、修理費用はトイレ設備の修理・交換費用のみで済むでしょう。
具体的には、以下のような費用がかかってきます。

・交換が必要な部品購入費
・修理作業代
・出張費

配管の交換が必要なのか、便器脱着が必要なのか等で費用相場は変わってきますが、5,000円~30,000円程度が修理費用の相場となります。
ただし修理用部品の生産が終了すれば、部品のみの交換は難しくなり、トイレ本体の交換が必要に。
この場合、コストは大幅にアップし、100,000円~300,000円となりますから、やはり早めに動くことをおすすめします。

トイレ設備の修理費用も決して安くはありませんが、床の水漏れを放置した場合、ここにトイレの床リフォーム費用が加算されます。
床の張り替えのみで対処できる場合の費用相場は、20,000円から。基礎部分からの補修が必要な場合、50,000円からです。トイレの広さや床材のグレードによっても、費用は大きく変わってきます。
リフォーム店と相談しながら、修理内容を決定しましょう。

修理費用を高額にしないための応急処置とは?

トイレの床の水漏れに気付いたとき、重要なのは「これ以上被害を広げない」ということです。
まずはトイレの止水栓を閉め、これ以上水が漏れださないように対処しましょう。
トイレも使えなくなってしまうので、早急に修理業者を手配してください。

「修理業者に依頼すると費用がかかるから…」と思う方もいるかもしれませんが、その後のリフォーム費用まで考慮するなら、できるだけ早めに依頼するのがベストです。

わかやま水道職人は実績豊富な修理業者

トイレの水漏れについて、「どこに相談していいのかわからない」と悩んでいる方はいませんか?
わかやま水道職人は、トイレの水漏れ修理も数多く手掛けてきました。
実績豊富なスタッフが、スピーディーに対処いたします。

田辺市、紀の川市、岩出市、新宮市、有田市は、わかやま水道職人が得意とするエリアです。
トイレの水漏れ修理は、私どもにお任せください。

わかやま水道職人(和歌山水道職人) 0120-492-315

わかやま水道職人(和歌山水道職人) 0120-492-315