電話して相談する

水のコラム

焦らず急いで的確に!床の水漏れの対処法

2021年06月07日  水まわりのトラブル

キッチンや洗濯機など、床と接触している場所で、気づいたら水漏れが起きていて焦ったという経験をされた方も少なくないでしょう。
床の水漏れは放置してしまうと二次被害が起きやすいので、原因や対処法、費用などについて知っておくことが大切です。

キッチンでの床の水漏れ~考えられる原因と二次被害について~

キッチンでの水漏れは、シンクの下の床に近い場所にある排水管の詰まりや、経年劣化が原因であることが多いです。
排水管が詰まると水が逆流して、劣化によりヒビ割れや穴が開くとそこから水が漏れてしまい、床が水浸しになることがあります。
蛇口や蛇口の根元から水漏れが起こることも多いでしょう。

このように床に水が漏れたままの状態にしておくと水道代金が跳ね上がるだけでなく、カビやダニが発生し、家財・家電が壊れる原因につながります。
とくに、家電製品は漏電事故の可能性まで視野に入れておかなければ、火災が起きてからでは大変なことになってしまいます。

また、湿気を好むシロアリも発生しやすくなるため駆除が追いつかず、マンションなどであれば下の階への水漏れや、床が腐ってしまうなどの二次被害も起きないとは言えません。
では、専門業者を呼ぶ前にできる応急処置としてどんなことがあるか、水漏れ箇所ごとにご紹介いたします。

さまざまな応急処置方法

・劣化などによる排水ホースの破損の場合
シンク下の扉を開けると排水ホースがあり、それが破れているなどした場合は、同じ種類を購入して交換することで対処できます。
交換作業時に水が漏れないようバケツを用意することや、ホースは3種類あるので間違わずに購入しておくことが注意点です。
 
 
・蛇口と給水管の接続部分からの水漏れの場合
この箇所から水漏れが起きていると気づいた場合は、第一に止水栓を閉めましょう。
そして、ナットが緩んでいないかを確認し問題がなければ、蛇口と給水管の接続部分を外し、パッキンを新品に交換して改善するか確認します。

また、シールテープが古くなっている場合も、新しいものに巻き替えてみることです。
これらを試しても改善しないようであれば、早めに業者へ相談することをおすすめします。
 
 
・排水トラップとシンクのつなぎ目から水漏れする場合
シンクの排水口は、排水トラップに向かって直接つながっており、そのシンクとのつなぎ目から水漏れが起きてしまうことがあります。
接続部分のナットの緩みやパッキンの劣化が原因の可能性が高いですが、ひとまず水を流さないようにし、新聞紙や雑巾などで水が漏れて濡れている箇所が悪化しないようにすることが先決です。
パッキン交換が自宅でできれば1番良いですが、作業が難しい場合は、シンクに水を流さないようにすることで一旦水漏れを止められます。
 
 
・排水トラップと排水ホースのつなぎ目からの水漏れしている場合
ゴムパッキンでつながっているこの箇所からの水漏れは、パッキンの劣化が原因であることが多いので、自分で交換することで解決が見込めます。
作業が難しいと感じる場合は、無理をせずに業者へご相談ください。
 
 
・排水パイプと排水管の接続部分からの水漏れの場合
排水管の詰まりによって水が逆流して水漏れが起き、その圧力で排水パイプが外れてしまう場合があります。
この場合は、専門業者で詰まりを改善させることが必要となることがほとんどなので、新聞紙などで水が床に広まらないようにしながら、できるだけ早めに業者へ連絡しましょう。

このように水漏れ箇所によって具体的な対処方法はそれぞれありますが、何よりも最初に行うことは「止水栓とすべての蛇口を閉めること」と「新聞紙や雑巾で床の水を吸い取ること」です。

なお、火災保険に加入している場合、「建物内外の給排水設備の事故によるもの」と「他の戸室で生じた事故に伴う漏水」によって発生した損害が補償対象となります。

そのため、排水管の詰まりから水漏れが起きた場合などは補償対象になりますが、自分で設置したホースなどが原因で起きた水漏れに関しては補償の対象外です。
どこまで保険が適用になるかなども含めて、賃貸の場合はすぐに管理会社へ報告しましょう。

フローリングへの水漏れはDIYで張り替えを

前述のようにフローリングなど木材の床に水漏れした際は、カビやダニ・シロアリが発生しやすくなるほか、木材が縮んだり反り返ったりしてしまうことがあります。
すぐに処置をしても一度水浸しになると厳しいこともあるので、DIYでフローリングの張り替えをするのがおすすめです。

しかし、場合によっては、フローリング下の断熱材や下地にカビが発生していることもあるので、一度業者に確認を依頼してから張り替えを行いましょう。
DIYであれば1万円ほどで張り替えできますが、業者へ依頼すると作業費だけでも1畳2万円ほどになってしまい、相当な出費となります。
できるところまで業者にカビなどの状況確認を手伝ってもらいながら、自力で張り替えを行えるのが費用的にも1番良いでしょう。

キッチンの水回りのトラブルはわかやま水道職人へお電話ください

わかやま水道職人は、和歌山市、田辺市、橋下市、紀の川市、海南市など和歌山県全般で水回りのトラブルを解決している水回りのプロです。
トイレや洗面所やキッチンの水漏れなど、水回りのトラブルでお困りの際には、ぜひ気軽にわかやま水道職人にお問い合わせください。

わかやま水道職人(和歌山水道職人) 0120-492-315

わかやま水道職人(和歌山水道職人) 0120-492-315