電話して相談する

水のコラム

トイレの詰まりはこうして解決!~業者を呼ぶ前にできるDIY修理~

2021年06月07日  トイレのトラブル

毎日使う場所だからこそ、何のトラブルも起きない、なんてことはないでしょう。
トイレで起こる水のトラブルは、生活や健康に直結します。
今回は、トイレの詰まりが起きたときに自分で行えることと、業者へ相談が必要なトラブルのご紹介をします。

トイレの詰まりに必須アイテムはラバーカップ(スッポン)

トイレが詰まってしまったときに必要な掃除道具は、ラバーカップです。
スッポンと言うとピンと来るでしょうか?
お持ちの方も多いと思いますが、正しい使い方ができていない方も多いかもしれません。
正しい方法で使用しなければ、便器の故障や配管トラブルへつながってしまうことがあります。

まず、ラバーカップを使うタイミングとしては「トイレに流せるものが詰まった場合」です。
本来トイレに流すべきではないものなどを落としてしまった場合などの使用は、控えるようにしてください。

また、ラバーカップをこれから購入する方は、種類に気をつけて購入することが重要です。
よく目にする中心が凹んでいるものは和式トイレ用で、洋式トイレ用は中心部分が出っ張った形をしています。
そのほか、節水型便器対応のものや、パッコンバーという四角い排水口に対応したものもあります。
ご自宅のトイレに合わせて、適切なタイプを選びましょう。

ラバーカップの正しい使い方

では、トイレが詰まってしまったときのラバーカップの使い方を確認していきましょう。
はじめに止水栓(または元栓)を閉めて、水が流れないようにします。
便器内の水位がラバーカップの黒いゴム部分より上になる場合や水が溢れてきそうな場合は、先に水抜きが必要です。
反対に、水位が低過ぎる場合は水をつぎ足しましょう。
そして、汚れないように便器の周りをビニールや新聞紙などで囲ったら準備完了です。

ラバーカップを排水溝にそっと押し付けて、力を入れながら一気に引き抜きます。
水が飛び散ることがあるので、その点に気をつけて行ってください。
この動作を何度か繰り返すことで、詰まりの原因を取り除けるはずです。
詰まりが解決できたと思える時点で、バケツなどからゆっくりと水を流し込みましょう。
このときいきなりタンクから水を流すと、詰まりが解決していなかった場合、水が逆流してきてしまうことあるので注意が必要です。

バケツからの水がスムーズに流れていくようであれば、通常通り、タンクの水を流せる状況になったと判断できます。
これでも改善しない場合は、無理に動作を続けるのではなく、専門業者へ連絡するようにしましょう。

トイレの詰まりだけでなくタンクのトラブル時にもできることが

詰まりが起き、タンクの水のトラブルが起こる原因の一つに、尿石や流れ切らなかったトイレットペーパーなどの汚れが付着することが挙げられます。
こういった汚れを落とすのに適しているのが、ハイターや洗剤です。
ハイターは塩素系漂白剤のため、詰まりの原因となっている汚れを溶かしてくれます。

使い方としては、便器内の水を減らして50℃ほどのぬるいお湯にハイターを混ぜて投入後、30分~1時間程度、放置しましょう。
その後、一気に流さずゆっくりと水を流すと改善することが多いです。

また、ティッシュやトイレットペーパーなどの詰まりであれば、液体の食器用洗剤を使うこともできます。
洗剤100ccに対し、先ほどと同じようにぬるま湯を便器内の水位と比べて半分ほど用意します。
それらを混ぜてゆっくり便器の中へ注いだら、20~30分放置して、水位が下がっているかを確認しましょう。
はじめに洗剤とお湯を注いだときの水位から下がっていれば、詰まりが改善している証拠なので、ゆっくり水を流し込みます。

これらを試しても改善が見られない場合や状況が悪化する場合は、DIYでの解決は難しい状況と判断できるので、早めに専門業者へ相談しましょう。

何もなくてもラップがあれば試せることも!

これまでご紹介したラバーカップやハイターなどが自宅にない!という場合もあるかもしれません。
そんなときに、サランラップがあれば試せる方法があるのでご紹介いたします。

まず、便座を上げて、便器をラップで何重かに覆います。
このとき、端をきつめにテープで留めて、ラップが便器に密着するようにしましょう。
そして、レバーを使って水を流すとラップの中心が膨らむので、その部分を手で押す動作を繰り返します。
ラバーカップと似た原理ですが、掃除道具がなくてお困りの場合は、業者へ連絡する前にぜひ試してみてはいかがでしょうか。

キッチンの水回りのトラブルはわかやま水道職人へお電話ください

わかやま水道職人は、和歌山市、田辺市、橋下市、紀の川市、海南市など和歌山県全般で水回りのトラブルを解決している水回りのプロです。
トイレや洗面所やキッチンの水漏れなど、水回りのトラブルでお困りの際には、ぜひ気軽にわかやま水道職人にお問い合わせください。

わかやま水道職人(和歌山水道職人) 0120-492-315

わかやま水道職人(和歌山水道職人) 0120-492-315