電話して相談する

水のコラム

排水口が詰まったときの対処法とは?

2021年06月10日  つまりのトラブル

毎日、身だしなみを整える洗面台には、髪の毛や石鹸カスが残りやすいです。
洗面所の陶器部分を磨いていても、排水管の掃除まではやっていないという方は多いのではないでしょうか。
古いタイプの洗面所では、排水口の穴の直径が小さいことに加え、髪の毛をキャッチする目皿つき排水栓がなく、排水溝にそのままゴミが流れていってしまいます。

ゴミを流したまま放置してしまうと、排水溝が詰まり、水が溢れるトラブルが発生するでしょう。
もし詰まらせてしまったとき、自分でできる修理方法や、対処法をご紹介します。

そもそも詰まりの原因とは?

洗面所は歯を磨いたり、髪を整えたりなど、毎日の身だしなみで利用する場所です。
排水溝に流れた石鹸カスは、皮脂や埃などと合致し、排水管に付着します。
皮脂と合わさった石鹸カスは粘度が高く、髪の毛を水で流してしまうとヘドロ化し、排水管の詰まりの原因になります。

詰まり対策

詰まりの予防として、まず挙げられるのは、洗面台に落ちた髪の毛を回収することです。
髪の毛はどんな長さでも、排水溝へ流してしまうと詰まりの原因になってしまいます。
面倒でも、洗面台に落ちた髪の毛は毎回拾いましょう。

また落ちた髪の毛が、そのまま流れていかないように、排水口に目皿を設置するのも効果的です。
目皿を設置しておけば、そこに髪の毛や、うっかり落としてしまった固形物が、流れていくのを防げます。

そして、日々の掃除に加え、2週間に1度、排水口にパイプユニッシュを流し込むこともおすすめです。
排水管に溜まってしまったヘドロを溶かしてくれ、詰まりを予防できます。

排水口の詰まりの直し方と掃除方法

排水溝の掃除は、排水溝に流れたゴミを、パイプユニッシュで溶かすだけでは完結しない場合があります。
多くの髪の毛が溜まっていれば、パイプユニッシュで溶かしきれず、詰まりは完全には解消されません。
パイプユニッシュを使用する際は、事前に排水溝の掃除をしてからにしてください。

髪の毛が排水溝に溜まってしまったときは、ストローで掃除しましょう。
ストローに返しになるよう斜めに数カ所切り込みを入れ、排水溝に落としてしまわないように挿入してください。
こそぎ落とすように、数回上下に動かしましょう。
返しに髪の毛が引っかかり、排水溝に詰まった髪の毛を掻き出せます。

もし詰まりがひどく、水がまったく流れない状態になってしまったときは、ラバーカップで吸引しなくてはいけません。
陶器は脆いものではありませんが、もし洗面台にヒビが入っている場合は、割れる原因になるので使用は控え、水道業者に連絡してください。
自宅にラバーカップがない場合は、ペットボトルで代用できます。
ペットボトルを使用するときは、まず空のペットボトルの飲み口を下にして排水口に差し入れてください。

このとき、必ず隙間ができないようにしましょう。
隙間があると、ラバーカップと同じ効果を発揮できません。
何度かペットボトルを押して空気を送り込み、へこんだら引き抜くという工程を水が引くまで繰り返しましょう。
手順はラバーカップを使用する際と、あまり差異はありません。

詰まりを解消するパイプユニッシュですが、重曹でも代用できます。
重曹を使用する場合は、排水口に振りかけ熱湯を注ぎ、1時間程度放置してください。
その後、ぬるいお湯でしっかり流しましょう。

また重曹とクエン酸やお酢を使用すると、アルカリと酸が反応し発泡します。
このとき出た泡が汚れを吸着し、汚れを落としてくれ、嫌な臭いの予防にも効果的です。
重曹を使って金属製の蛇口などを磨けば、研磨剤の役割を果たしきれいになります。

・もしヘアピンなどの固形物を流してしまったときは
排水口にうっかりヘアピンを落としてしまったときは、慌てずに拾い上げましょう。
もし手の届かないところまで行ってしまったときは、排水管を外すのも手です。
排水管は異物が簡単に流れていかないよう曲がっており、大体の異物はそこで止まります。

排水管を分解するときは、洗面所を汚さないようタオルや洗面器、バケツなどを用意してください。
分解ができたら、異物を摘出し元に戻しましょう。

このときラバーカップを使用しても、異物は吸引できず、洗面台破損の恐れがあります。
もし排水管が真っ直ぐで分解できないようなタイプの場合は、回収を諦めるか、業者に連絡しましょう。
 
 
・業者に頼むとき
詰まりの直し方を試しても、いまいち効果が得られないときは、無理に自分で修理交換しようとせずに業者へ連絡しましょう。
業者によって見積もりは変わりますが、高圧洗浄機を使用した場合の料金の相場は5万円からです。

詰まりを削る対応の場合は、1万円から承っています。
排水管の長さや、詰まりの度合いによって料金は変動します。
どの業者に連絡するか、詰まりが発生する前に検討しておきましょう。

わかやま水道職人は、和歌山市、田辺市、橋本市、紀の川市、海南市など、和歌山県全域で洗面所の詰まりをはじめとした水回りのトラブルを解決しています。
トイレの詰まりや、台所の水漏れなどの水回りでトラブルが発生したときは、お気軽にご連絡ください。

わかやま水道職人(和歌山水道職人) 0120-492-315

わかやま水道職人(和歌山水道職人) 0120-492-315