電話して相談する

水のコラム

キッチンの排水溝が詰まる原因とは?

2021年06月10日  キッチンのトラブル

キッチンの排水溝は、油汚れや、食材のクズが流れていくことにより詰まってしまいます。
排水溝が詰まったまま放置してしまうと、排水ができずカビが生える原因になり、また重大な故障や、嫌な臭いの原因になるでしょう。
食材クズを流さないための予防法や、油汚れの除去方法をご紹介します。

食材クズを流さないために

食器を洗浄していると、どうしても細かな食材のクズが排水口に流れていってしまいます。
ゴミ受け皿でも細かなクズをキャッチし、排水溝の詰まりをある程度予防できるでしょう。
しかし、それだけでは食器洗浄で発生した油汚れがゴミ受け皿に直接付着し、細かな食材クズを巻き込みヘドロ状の汚れになってしまいます。

ヘドロ状の汚れは、ゴミ受け皿自体が詰まりの原因や、カビの発生、嫌な臭いの元になります。
そのような状態を避けるには、ゴミ受け皿、あるいは排水口に目が細かいネット設置がおすすめです。
ネットにある程度の油汚れをキャッチさせることにより、ゴミ受け皿の目詰まりを予防でき、食材クズもネットで簡単に回収できます。

シンクや排水口の掃除方法

もし油汚れや、カビが既に発生している場合は、腐食してしまう可能性があるため、早急に掃除しましょう。
シンク内はスポンジと中性洗剤でこすり洗いし、ゴミ受け皿は歯ブラシなどの小さいサイズのブラシを用いて洗ってください。
このとき、洗浄したパーツを漂白剤につけておくと、付着した雑菌をすべて殺菌でき、臭いを元から消せます。

重曹は研磨作用があるため、水をつけたスポンジと重曹を使用すれば、シンクなどをピカピカに磨くことが可能です。
また重曹とクエン酸、またはお酢を使用すると、汚れを浮かして落とす洗剤になります。
重曹のアルカリ物質と酸が反応し、発泡することで汚れを浮かし、詰まりを除去できる上、アルカリ性が雑菌の繁殖を防ぎ、ヌメリ汚れの予防にも効果的です。
この洗剤は環境に優しく、使用方法も簡単なため、汚れが気になったら使用してください。

まずゴミ受け皿などのパーツを外し、排水管と排水口に直接、重曹を振り撒きましょう。
撒いたあとは、重曹に汚れを吸着させるため、ある程度時間をおいてください。
放置する時間は10分から15分程度で大丈夫です。
放置したあとは、振り撒いた重曹の倍量のクエン酸を溶かした水を用意してください。
その水溶液を排水口に流すと、反応し発泡します。

発泡させたあとも、15分程度放置し、流水で洗い流しましょう。
発泡時、二酸化炭素が発生します。
二酸化炭素自体は有毒なものではありませんが、換気を行った上で使用してください。

重曹では十分に詰まりを除去できないと判断した場合

もし排水管がひどく詰まっているときは、ピーピースルーというアルカリ性の洗剤の使用もおすすめです。
この洗剤は元々業務用で、強力な洗浄効果があります。

効果が業務用レベルのため、使用する際は説明書をよく読み、注意して洗浄を行いましょう。
この洗剤は、強力な発泡と発熱で詰まりや汚れを除去します。
強力な洗浄力がある分、危険な洗剤のため、取り扱いには十分注意してください。

ピーピースルーには種類があり、最も洗浄力が高い緑色のフタのものと、赤いフタのものは、医薬用外劇物に指定されています。
そのため所定の手続きを行わないと購入することはできません。
この2つより洗浄力は若干落ちますが「ピーピースルーF」という商品は、危険度は低く、医薬用外劇物指定がされていないため、簡単に購入できます。

家庭で使用するのは、ピーピースルーFで十分でしょう。
この洗剤は発熱するため、排水管などが耐熱素材でないと使用できません。
もし非耐熱素材のものに使用してしまうと、変形や破損の原因になります。

排水管に詰まった固形物を除去したい場合

食材クズと油汚れが合致し、固形状に詰まってしまったときは、ラバーカップや真空式パイプクリーナーを使用しましょう。
ラバーカップは排水管に空気を送り込むことで、詰まりを解消するアイテムです。
真空式パイプクリーナーはラバーカップより、吸引力と押し下げ圧力が強いため、破損や怪我をしないよう注意してください。

詰まった際に業者に依頼した場合の料金相場が、5,000円ほどからなのに対し、ラバーカップ、真空式パイプクリーナーの料金は1,500円ほどから入手可能です。

排水管にフォークやスプーンを落としてしまったときは?

排水口や排水管を掃除する際、うっかりスプーンやフォークを落としてしまう方は少なくありません。
多くの場合、排水トラップに引っかかり、そのまま流れていってしまうことはないでしょう。

しかし、落としたまま放置してしまうと、詰まりの原因になってしまい、フォークに発生したサビが影響し、排水管の損傷につながってしまいます。
もし排水管にスプーンやフォークを落としてしまったときは、業者に依頼し除去してもらうとよいでしょう。

わかやま水道職人は和歌山市、田辺市、橋本市、紀の川市、海南市、岩出市など和歌山県全般で水回りのトラブルを解決している水回りのプロです。
トイレや浴室や洗面所、キッチンでのつまりをはじめ、水回りのトラブルでお困りの際には、ぜひ気軽にわかやま水道職人にお問い合わせください。

わかやま水道職人(和歌山水道職人) 0120-492-315

わかやま水道職人(和歌山水道職人) 0120-492-315