電話して相談する

水のコラム

お風呂の排水溝が詰まった?お湯の流れが悪くなる原因とは

2021年06月10日  お風呂のトラブル

お風呂の水はけが悪くなり、シャワー中にお湯が逆流してきたという方は少なくないでしょう。
足元に水たまりを作ったままの入浴は気持ちが良くありませんし、衛生的とは言えません。
そのような事態になる前に、なぜお湯が逆流してしまうのか、排水管の詰まりの原因は何かを知っておきましょう。

なぜお湯の逆流が発生するのか?

お風呂の排水が逆流してしまうのは、排水溝が詰まり、排水機能が正常に作動していないためです。
特に髪の毛が長い方だと、排水口に髪の毛が溜まってしまい、すぐにお湯の流れが悪くなってしまうでしょう。
排水口に髪の毛を溜めたままだと、お湯の流れが悪くなるだけでなく、排水口に溜まったゴミに雑菌が繁殖してしまいます。
そして、雑菌が繁殖すると、嫌な臭いや、ヌメリ汚れが発生します。

髪の毛が排水口に流れてしまわないよう、ヘアキャッチャーを設置している方が多いですが、それだけでは逆流を完全に予防することはできません。
お風呂に流れるのは、髪の毛だけではなく、皮脂や垢などもあります。
皮脂や垢は目に見えないほど微細ですが、蓄積すると排水管を詰まらせる原因になります。
またシャンプーや石鹼カスも同様に、埃などのゴミを吸着して固形物のような汚れになり、それが詰まるのです。

一番の対処法は掃除

排水管を正常に機能させる1番の方法は、日頃の掃除と言えるでしょう。
浴室内や浴槽の掃除は、目に付く場所のため頻繁にする方が多いですが、目につかない排水口や排水管の掃除は怠ってしまいがちです。
髪の毛やゴミを排水口に流してしまっても、すぐに詰まってしまうことはありません。

しかし、それが続いてしまうと当然詰まってしまいます。
それを予防するための機能や、ヘアキャッチャーのようなグッズがあります。
ヘアキャッチャーに溜まった髪の毛や埃を除去するだけでも、詰まり予防になるでしょう。
しかし、垢と皮脂はヘアキャッチャーでは、排水口に流れてしまうのを阻止することはできません。

詰まってしまう前に、60℃前後のお湯を排水口に流し入れ、皮脂を溶かすとよいでしょう。
60℃以上のお湯を流してしまうと、排水管が痛んでしまうためやめてください。
もし詰まってしまったときは、ヘアキャッチャーで防ぎきれなかった髪の毛などのゴミと、皮脂、垢が固まってしまっています。

パイプユニッシュを使用し、髪の毛などのゴミを溶かして流しましょう。
パイプユニッシュは洗浄効果が高いため、使用する際は手袋を着用してください。
また換気をしながら使用しましょう。

入れ物本体に「混ぜるな危険」と書いてある酸性タイプの洗剤との併用は、絶対に行わないでください。
塩素系洗剤と酸性洗剤を混ぜてしまうと、有毒のガスが発生してしまいます。
また歯ブラシ等の固形物は溶かせないので、排水管を外して回収するか、業者に依頼して回収してもらいましょう。

重曹は優秀な洗剤になります

重曹とクエン酸を合わせて発泡させる洗浄方法を、試したことがある方は多いでしょう。
排水しても環境に優しい洗浄方法ですが、発泡の力で汚れを浮かして流すという方法のため、完全に詰まってしまった排水管にはあまり効果がありません。
しかし、軽度の詰まりであれば、アルカリ性で有機の汚れを包み洗浄できるため、抗菌やヌメリ汚れには大きな効果があります。
また研磨剤の作用もあります。
蛇口などに溜まった水垢は、濡れたスポンジと重曹で除去が可能です。

賃貸の排水構造

賃貸の場合、排水溝の構造は単独のタイプか合流するタイプの2種類あります。
単独の場合、排水升が1部屋に一つあるため、もし排水口に物を落としても、そこから回収することが可能です。
しかし、合流するタイプだと各世帯の雑用排水が一緒になってしまうため、個人で回収することは、ほぼ不可能でしょう。

合流タイプの物件で、もし異物を流してしまった場合、他の階に影響が出てしまうため、被害は甚大なものになってしまいます。

排水トラップの効果

害虫や悪臭の部屋への侵入を、水を溜めておける構造によって阻止しているのが排水トラップです。
排水管が曲線を描いているものが多いため、もし物を落としてしまった場合でも、排水管に引っかかるパターンが多いでしょう。
そのため排水升をチェックする前に、排水トラップを確認してください。
工具があれば、個人でも取り外しが可能で、対応するパーツを揃えれば修理交換もできます。

しかし、賃貸の場合、家を引き払う際に、入居前の状態に現状復帰することが求められます。
そのため、個人の判断で修理する前に、必ず大家か管理会社に確認してください。
もし排水管が真っ直ぐなタイプの場合は、個人で対処するのは難しいでしょう。
重大なトラブルに発展する前に、水道業者に連絡してください。

わかやま水道職人は和歌山市、田辺市、橋本市、紀の川市、海南市、岩出市など和歌山県全般で水回りのトラブルを解決している水回りのプロです。
トイレや浴室や洗面所、キッチンでのつまりをはじめ、水回りのトラブルでお困りの際には、ぜひ気軽にわかやま水道職人にお問い合わせください。

わかやま水道職人(和歌山水道職人) 0120-492-315

わかやま水道職人(和歌山水道職人) 0120-492-315