電話して相談する

水のコラム

便器詰まりは人間のせいだけじゃない?予想外の詰まり原因と対策

2021年06月10日  トイレのトラブル

トイレの便器詰まりにはさまざまな種類の原因がある

トイレの便器詰まりと一言で言っても、さまざまな種類の原因があるので一言で対処法を断言できません。
しかし、トイレで水がうまく流れないからには何かしら大きな要因が必ずあるはずです。
「負けに不思議の負けなし」という言葉通り、うまくいかないときには何かしらの失敗要因があります。

今回はトイレ詰まりになりがちな意外な要素とその原因・対処法を解説していきましょう。
初心者の方はもちろんトイレ掃除をいつも行っている方もぜひご覧ください。

トイレで詰まりやすい原因となるもの

・食べ残しや嘔吐物
まず1つ目に考えられるのが食べ残しや嘔吐物などが詰まりやすい原因となるでしょう。
居酒屋などで発生しがちなこととして、お酒の飲み過ぎでリバースしてしまうことがあります。

このときの食べ物の中で消化に悪いものを嘔吐物として吐き出すと、詰まりやすい原因となります。
そもそもトイレは嘔吐物を流すためにある場所ではないので、トイレに嘔吐するのは間違いです。
 
 
・大量のトイレットペーパーやティッシュペーパー
2つ目にトイレとペーパーやティッシュペーパーを1度に大量に流し込んだ場合に詰まりやすくなります。
よく公衆トイレに入ると「トイレットペーパーを大量に流さないでください」という注意書きがしてあるでしょう。
あれは清掃する人がそのようなトラブルで困らないように、利用者が困らないようにするためです。

またお掃除シートや生理用ナプキン、ペットシート、おむつなどもトイレに流していいものではありません。
トイレットペーパーなどのおしりふき以外の紙は流さないように決められていますので流さないでください。
 
 
・ハンカチや携帯電話、スマホ、消臭剤のキャップといった固形物
誤ってハンカチや携帯電話、スマホ、消臭剤にキャップと言った固形物を落として流してしまった場合も考えられます。
多いのはズボンのポケットの中に入れていて、そこから落ちてしまうというケースではないでしょうか。

また、幼児が誤っておもちゃを落としたり、喫煙者がライターを落としたりする場合も注意してください。
ハンカチならまだ布なので洗えば何とかなりますが、携帯電話やスマホは機械です。
迂闊に便器に落としてしまうとその時点で故障して使い物にならなくなってしまいます。
これらを落としてしまった場合は即座に拾って然るべき対処をしてください。
 
 
・ペットのトイレ砂
やや例外的なケースですが、ペットのトイレ砂を流した場合も似たようなことが起こります。
とくに猫のトイレに使われる「猫砂」を大量にトイレに流すと、詰まってしまうことがあるのです。

ペットのトイレ砂の中にはトイレに流していいものと、そうでもないものがあります。
流すときに異音が鳴る場合もあるので、気をつけてください。
自分が使っている砂が流していいものかダメなものかを、きちんと見極めて流しましょう。

トイレの詰まりを流す方法

・トイレクリーナーを使う
食べ残しや嘔吐物であれば、柔らかい段階で落とせるのでトイレクリーナーでも十分です。
基本的には重曹やクエン酸など市販の洗剤で大丈夫ですが、トイレの場合は熱湯を使わないでください。

トイレの便器は熱湯に弱くできているので、流すときは必ず水で流すことです。
どうしても流れが悪い場合は漂白剤などを用いても構いませんが、換気を十分行ってからにしましょう。
 
 
・床をビニールシートで覆う
2つ目に床をビニールシートで覆い、水が飛び散っても大丈夫なように養生しておいてください。
ラバーカップや真空ポンプなどを使う際に水漏れを起こす可能性があります。

床に汚水がつくのを防げ、余計な掃除をしなくてもいいのです。
ビニールシートがない場合は新聞紙で代用してもいいのですが、割とすぐに使えなくなります。
 
 
・ラバーカップや真空ポンプ(スッポン)を使う
おもちゃなどの固形物の場合はラバーカップや真空ポンプ、通称「スッポン」を用いて取ってください。
ラバーカップの場合は携帯電話やスマホなど、やや小さめのものであれば対応可能です。

一方でおもちゃなどの大きいものになると、より強力な真空ポンプを用いましょう。
それでも取れないほどに詰まっているならば、素直に業者に依頼して取ってもらってください。
見積もり価格はそれなりにかかりますが、その方が確実に最短ルートで取れます。
 
 
・ペットのトイレ砂は流さない
ペットのトイレ砂に関してはそもそも流さずにきちんと分別して処理するのが正しいのです。
確かにペットのトイレ砂には流せるものもありますが、そもそも人間用のトイレはそんな設計になっていません。

「トイレに流しても大丈夫」という妙な噂を鵜呑みにする前に、きちんと確認してください。
ペットはペット、人間は人間であるという区別をきちんとつけることが大切です。

トイレの便器詰まりはわかやま水道職人へご相談を!

トイレの便器詰まりでお困りの際には、わかやま水道職人までお電話ください。
わかやま水道職人は和歌山市、海南市、橋本市、紀の川市、岩出市など和歌山県のさまざまなエリアで、水回りのトラブルに対応している業者です。

トイレ以外にも老朽化した洗面所やキッチン・風呂場の修理・交換作業や水漏れ対策などもお任せください。
わかやま水道職人のプロスタッフがお客様ところへ駆け付けて、水回りのトラブルを解決いたします。

わかやま水道職人(和歌山水道職人) 0120-492-315

わかやま水道職人(和歌山水道職人) 0120-492-315