電話して相談する

水のコラム

洗面所のびっしり水垢をなんとかしたい!自力でできる清掃方法は?

2021年06月22日  洗面台のメンテナンス

洗面所で悩まされがちな汚れといえば、水垢汚れです。
気づいたときには、洗面台全体に白いうろこ状の汚れがビッシリ…なんて事態にもなりがちです。
丁寧に拭き掃除をしても、なかなかきれいにできないのが水垢汚れの特徴です。
この汚れの正体や特徴、効果的な清掃方法についてお伝えします。

洗面所で悩まされる「水垢汚れ」とは?

洗面所で悩まされがちな水垢汚れとは、水道水に含まれるミネラル分が原因で発生する汚れです。
洗面台で水垢汚れが気になりやすいのは、手洗いや洗顔のタイミングで、周囲に水が飛び散りやすいから。

「単なる水だからその内乾くだろう」と、つい水滴を放置してしまう方も多いのではないでしょうか? 
確かに水分は自然に蒸発しますが、その中に含まれるミネラル分はその場に留まります。
これがどんどん蓄積していくことで、白く厄介な水垢汚れになってしまいます。

水垢汚れは、単なる「残った水の汚れ」ではありません。
金属成分が堆積してできた汚れのため、布で拭いた程度で落とすことはできないのです。
水滴が飛んですぐの時期であれば、タオルでさっと拭くだけで汚れを除去できますが、白く残ってしまったうろこ状の汚れを落とすためには、相応のテクニックが必要です。

基本の水垢清掃方法

水垢汚れは頑固な汚れ。とはいえその性質に目を向けてみると、攻略のポイントも見えてきます。
水垢汚れはアルカリ性の性質を持つため、酸性の性質を持つ液体を使えば、溶かして落とせます。
水垢汚れがまだそれほどひどくなっていない場合や、水垢汚れを蓄積させないための予防ケアとして、ぜひ実践してみてください。

【用意するもの】
・クエン酸スプレー
・キッチンペーパー
・スポンジ

【清掃手順】
1.水垢が気になる部分(洗面ボウルなど)にキッチンペーパーを敷く
2.キッチンペーパーの上からクエン酸スプレーを吹きかける
3.2時間ほど放置する
4.キッチンペーパーを取り除き、スポンジでこする
5.全体を水で洗い流して拭き上げる

クエン酸スプレーは、空のスプレーボトルに水とクエン酸を入れて作ります。
200ミリリットルの水にクエン酸小さじ1杯を目安にしましょう。
放置する時間は汚れの状態に合わせて調整できます。

ただ、2時間待っても汚れが除去できないときには、もう一度繰り返すか、次に紹介する方法を試してみてください。
クエン酸が手元にない場合は、調理用のお酢でも代用可能です。
ただしこちらは、清掃中の匂いが気になってしまうことも。
換気しながら作業しましょう。

基本の掃除ではきれいにならない!頑固な汚れを退治する方法3つ

水垢汚れがひどくなると、クエン酸では歯が立たなくなってしまいます。
こんなときには、ぜひ以下の3つの方法を試してみてください。
クエン酸よりも強力に、汚れを除去できる可能性があります。

・水垢専用洗剤を使用する
頑固な水垢汚れを除去するためには、専用洗剤を使用するのがおすすめです。
ドラッグストアやインターネットで手軽に購入できる商品の中にも、水垢落としパワーに優れた商品は多くあります。

さまざまなタイプがありますが、おすすめは酸性タイプで研磨剤入りのもの。
一般的な洗剤と比較すると高めではありますが、1,000円~2,000円程度で購入できる商品も多くあります。
基本的には「水垢汚れに塗布して時間を置いたあと、こすり落とす」という方法で使えます。クエン酸と同じ感覚で使用できるので、非常に手軽です。
 
 
・業務用洗剤を使う
市販品では手に負えない場合は、業務用洗剤を使用しましょう。
こちらはプロのクリーニング業者が使用する洗剤で、市販品よりもさらに強力に汚れを除去できます。
頑固な水垢汚れでも、塗布して5分待つだけで落とせるケースも多いので頼りになるでしょう。

ただ高い効果が期待できる分、汚れ以外への作用も強くなります。
素材や皮膚を傷めないよう、記載された注意点を守って使用してください。
また業務用洗剤には、以下のようなデメリットもあります。

・容量が多い
・価格が高い
・購入できる場所が限られる

業務用洗剤はインターネットで購入するのがおすすめです。
また最初は希釈して、目立たない場所でテストしてから使用するようにしましょう。
 
 
・ダイヤモンドパッドでこすり落とす
頑固な水垢汚れは、洗剤で溶かして落とす以外に、削り落とす方法があります。
メラミンスポンジが有名ですが、頑固な汚れにも負けない強力な研磨剤としておすすめなのは、ダイヤモンドパッドです。
スポンジの上に人工ダイヤモンドを使った研磨剤を装着したもので、頑固な汚れも物理的に除去できます。

洗剤やクエン酸で汚れを緩めたあとに使用するのもおすすめです。
強くこする必要はないので、素材を傷めないよう、軽く動かして使用するようにしましょう。

汚れを除去する効果が高くなればなるほど、素材への影響も大きくなりがちです。
適切な手段を用いて、洗面ボウルや鏡などへのダメージを最小限にできるよう意識してみてください。

手に負えないトラブルはプロにお任せを

水回りで発生するトラブルの中には、自分で対処できる範囲を超えてしまうものも少なくありません。
水垢汚れ以外に、水漏れや詰まりで悩まされたときには、水回りの修理業者に依頼しましょう。
わかやま水道職人が対処します。水垢汚れについても、「自分では無理だ…」と思ったときには、クリーニング業者に依頼するのがおすすめです。

わかやま水道職人では、田辺市や紀の川市、岩出市、新宮市などで発生した水漏れ・詰まりトラブルを多く請け負っています。
24時間受付・365日対応可能なので、不安があればいつでもご相談いただけます。

わかやま水道職人(和歌山水道職人) 0120-492-315

わかやま水道職人(和歌山水道職人) 0120-492-315