電話して相談する

水のコラム

水漏れで濡れた床のフローリングはどうする?対処法と修理費用目安

2021年06月22日  水漏れのトラブル

自宅の床で水漏れトラブルが発生した場合、「フローリングをどうしようか」と悩む方も多いのではないでしょうか。
水浸しになったフローリングは、早めに修理する必要があります。
具体的な対処方法や費用について紹介します。

水浸しになったフローリング、なぜ修理が必要なのか?

床からの水漏れは、家の中のどこで起きるかわからないもの。
水漏れの発生場所によっては、自宅のフローリングが水浸しになってしまう可能性もあるでしょう。
「たとえフローリングが水浸しになっても、そのまま乾燥させれば大丈夫」と思う方もいるかもしれませんが、これは間違いです。
フローリング材の原料は木材で、もともと水に弱いもの。
漏れ出た水をそのまま乾燥させると、以下のようなトラブルが発生する可能性があります。

・表面に現れるシミ
・フローリング材の反りや割れ

もちろん少量であれば、漏れ出た水を拭き、乾燥させることもできます。
この場合、水を拭いたあとには消毒用エタノールスプレーでメンテナンスしておきましょう。
ただし以下のような場合は、フローリング材の修理交換を検討するのがおすすめです。

・床に漏れ出た水の量が多かった
・フローリングが水に浸っていた時間が長かった

たとえ自力で水拭き・乾燥したとしても、後々トラブルが起きる可能性も否定できません。フローリング材のトラブルを放置すれば、シロアリやカビ、ダニや腐食など、住宅全体にも影響を与えてしまうでしょう。
水漏れが発覚したタイミングでフローリングごと交換しておけば、二次被害の不安を抱えることなく生活できます。

フローリングの交換はDIYでも可能

「水漏れトラブルからのフローリング材交換作業」と聞くと、DIYでは難しい…と感じる方も多いかもしれません。
確かに水漏れトラブルの原因箇所の修理は、水道修理のプロに任せるのがおすすめです。
確実にトラブルの原因を取り除けなければ、フローリングを修理しても、再度同じトラブルが発生してしまう可能性もあります。

一方で、水漏れトラブルの原因がきちんと取り除かれたあとであれば、フローリングの交換はそれほど難しい作業ではありません。
既存の床の上に重ね貼りする方法と、古い床を剥がしたのちに新しいフローリング材を貼る方法があります。水漏れの場合は後者を選択するのがおすすめです。

水に濡れたフローリング材を外したら、新しいフローリング材を並べて固定していきましょう。
フローリング材はホームセンターやインターネットで購入できます。
自宅の雰囲気に合いそうなものを、自分で選択してみてください。
DIYで作業すれば、必要になる費用はフローリング材の購入代金のみ。
手間はかかりますが、自分の好きな雰囲気にリフォームできるという魅力もあります。

プロに依頼する場合の注意点と費用の目安は?

フローリングの交換作業も、もちろんプロに依頼可能です。
この場合は、水道修理店とは別にリフォームの専門店に相談してみてください。
好みのフローリング材を選び、張り替え作業をしてもらいましょう。

プロに依頼する場合でも重要なのは、水漏れが床下に与えたダメージについてです。
フローリングを貼った状態ではそれほどダメージを受けているようには見えなくても、床下には湿気が溜まりカビや腐食トラブルが進行している可能性も。
床材を剥がしたら床下の状態も確認の上で、最適な修理方法を選択しましょう。

フローリングの張り替え作業をリフォーム業者に依頼した場合の費用の目安は、1帖当たり20,000円です。
6帖であれば120,000円、10帖であれば200,000円を目安に検討してみてください。
業者によって費用の算定方法は変わりますから、現場で状況を確認してもらった上で、詳細な見積もりを作成してもらいましょう。
床下へのダメージが認められた場合、乾燥や除菌作業が必要になることも。
その分費用も高くなりますから、注意しましょう。

水漏れトラブルからのフローリング修理工事について、「思ったより高いな…」と思ったときに、チェックしていただきたいのは火災保険の内容についてです。
火災保険の「水濡れ補償」を使えば、水に濡れたフローリングの交換費用を補償してもらえます。
自己負担0円で修理を完了できる可能性もあるので、まずは確認してみてください。
火災保険に加入している方は多いですが、その補償内容について、しっかりと把握できている方は意外と多くありません。

火災保険の内容もさまざまですから、保障内容に「水濡れ」が含まれているかどうかを、保険証券から把握しましょう。
もし補償の対象になりそうだと感じたら、まずは保険会社に問い合わせてみてください。
どう対処するべきか、今後の流れを詳しく教えてもらえるはずです。

もしも補償対象であれば、水濡れトラブルにあったフローリング材を交換しない手はありません。
安心・安全のためにも、ぜひ利用してみてください。

水漏れの原因となったトラブルはわかやま水道職人へ

床からの水漏れでフローリングがダメージを受ける事例は、決して少なくありません。
フローリング材や家の構造に与えるダメージを少なくするためには、できるだけ早く水漏れの原因そのものを修理する必要があります。
わかやま水道職人にご連絡いただければ、目には見えない部分の水漏れにも、しっかりと対処いたします。

和歌山市や橋本市で水漏れに悩まされたときは、ぜひ素早くご相談ください。
弊社自慢のスタッフが現場に急行し、見積もり作成いたします。
見積もり作成までは無料でご利用いただけますから、相談だけでも安心してご利用ください。

わかやま水道職人(和歌山水道職人) 0120-492-315

わかやま水道職人(和歌山水道職人) 0120-492-315