電話して相談する

水のコラム

【キッチン排水口詰まり】ピーピースルーの特徴と使い方

2021年06月28日  キッチンのトラブル

キッチンの排水口詰まりを解消するための洗剤といえば、「重曹+クエン酸」や「液体パイプクリーナー」を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか?
これらのアイテムで効果が見られなかった場合に、使用を検討してみたいのが「ピーピースルー」です。ピーピースルーの特徴や種類、選び方や注意点を解説します。

ピーピースルーの特徴と選び方

ピーピースルーとは、業者向けに販売されているパイプ洗浄剤です。
油汚れや髪の毛詰まりなど、幅広い原因に効果的にアプローチしてくれます。

インターネット上には、「台所の詰まりに何をしても駄目で、もう修理業者を呼ぶしかないと思っていたところ、ピーピースルーで解決できた!」なんて口コミも多数見受けられます。
自力対処が可能なら、一度使ってみたいと思う方も多いのではないでしょうか。

ピーピースルーというのは、正確にはパイプ用洗剤のシリーズ名です。
ピーピースルーシリーズには以下のような種類があり、それぞれで異なる特徴を持っています。

・ピーピースルーK(※医薬用外劇物)
・ピーピースルー温水用(※医薬用外劇物)
・ピーピースルーF
・ピーピースルースカット
・ピーピーエル(※医薬用外劇物)

台所詰まりを解消するためにピーピースルーを購入する場合、台所の排水溝に溜まりがちな汚れに対して、効果的にアプローチできるピーピースルーを選択する必要があります。
台所の排水溝掃除におすすめされているのは、以下の種類です。

・ピーピースルーK
・ピーピースルー(温水用)
・ピーピーエル
・ピーピースルーF

上3つは、効果は高いものの医薬用外劇物に指定されています。
このため、購入時の手続きが煩雑になります。

・まだピーピースルーシリーズを使用したことがない
・できるだけ手軽に扱える商品が欲しい

このような場合には、家庭向け製品として多く出回っている、ピーピースルーFを購入するのがおすすめです。
その他の製品と比較すると効果はマイルドですが、ドラッグストアで購入できるパイプクリーナーと比較すると、非常に高い効果を期待できます。
強い洗剤だからこそ、「できるだけ簡単に扱えるものを」という視点で選択してみてください。

ピーピースルーKを使いたい場合の注意点は?

業務用洗剤のピーピースルーシリーズだからこそ、一般の方は使いやすさにこだわって選ぶのがベスト。
しかし「Fを使ったが効果はなかった」「できるだけ素早く、より確実に対処したい」という場合には、あえてピーピースルーKの使用を希望する方もいるでしょう。
効果が高い分、購入・使用にはさまざまな点に注意する必要があります。

ピーピースルーKはインターネットで購入可能ですが、「医薬用外劇物譲受書」をお店側に提出する必要があります。
具体的な提出方法はお店によって異なりますから、購入前に必ずチェックしておきましょう。
書類は、取引のたびに提出します。

ピーピースルーK使用時には、以下の点に注意してください。

・十分に換気した状態で使用する
・手肌に薬剤が付着しないように注意する
・目や口元もしっかりと守る
・お湯を使用しない
・素材に応じた使い方をする

強い臭いを発するピーピースルーK。密閉した室内での使用は、やめましょう。
キッチンで使用する場合、換気扇を回した上で窓を開け、効率よく喚起できるよう、空気の流れを意識するのがおすすめです。
ピーピースルーKは強い薬剤だからこそ、手肌に付着すると大変危険です。

使用時には、ゴム手袋・防護ゴーグル・マスク・帽子を必ず着用してください。
万が一皮膚に付着すると、火傷します。
またピーピースルーKはFと違って、水で溶かして使用する商品です。お湯で溶かすと一気に反応し、危険ですからやめてください。

近年の住宅では、オープン型のキッチンを採用しているお宅も多いものです。
作業をする自分だけではなく、作業中にキッチンに近寄る可能性がある家族についても、しっかりと配慮しましょう。
強い効果を発揮する洗剤には、相応のリスクも伴います。
だからこそ、作業のすべてを任せられるプロの修理業者に依頼するのがおすすめです。

ピーピースルーで対処できない場合はどうする?

ピーピースルーで対処できない詰まりトラブルは、プロに修理を依頼するのがおすすめです。
ピーピースルーで効果が期待できるかどうかは、詰まりの原因によって異なります。

たとえばスプーンやフォークなどの固形物が原因の詰まりは、ピーピースルーでは解決できません。
それに気付かないままどんどん強い薬剤を使用しても、リスクばかりが上昇してしまいます。
手間もコストもかかりますから、最初からプロに依頼した方が良いでしょう。

一般家庭の自力修理でおすすめなのは、以下のような流れです。

1.詰まり始めたことに気付いたら、市販のパイプクリーナーを使う
2.それでも改善しなければ、ピーピースルーFを使う
3.それでも改善しなければ、プロの修理業者に相談する

ピーピースルーFで解決できなかったトラブルを、ピーピースルーKで解決できるとは限りません。
購入・使用の手間やリスクを考えると、「自力対処はピーピースルーFまで」と判断するのがおすすめです。

ピーピースルーで解決できない詰まりもわかやま水道職人が解決

強力なパイプクリーナーを使用すれば、自力で詰まりを解消できる可能性も高くなります。
しかし薬剤が強力になればなるほど、洗剤の料金は高くなり、掃除の注意点も増えていきます。
「気軽に解決」とはいかなくなってしまうので、注意しましょう。

ピーピースルーで解決できない詰まりには、わかやま水道職人が対応いたします。
どんな頑固な詰まりも、私どもにお任せください。
丁寧な現場調査の上で、適切な対処法を提示いたします。
もちろん作業は、お客様にご納得いただいてからのスタートとなります。
作業スタートまでは無料で対応していますので、まずはお気軽にご相談ください。

わかやま水道職人(和歌山水道職人) 0120-492-315

わかやま水道職人(和歌山水道職人) 0120-492-315