電話して相談する

水のコラム

【お風呂の排水溝詰まり】入居間もない賃貸住宅での対処法と費用について

2021年06月28日  お風呂のトラブル

入居間もない賃貸アパートで、お風呂の排水溝が詰まってしまったら、「いったいなぜ?」と焦る方も多いのではないでしょうか。
特に一人暮らしの場合、どう対処すれば良いのか悩みがちです。

賃貸アパートでの注意するべきトラブル事例や、入居後すぐに詰まりトラブルが発生する理由、トラブルが発生した場合の対処法について解説します。

こんなトラブルに要注意

賃貸アパートでの一人暮らしには、何かとトラブルも付き物です。
特に水回り設備については、日々の生活の質にも直結する問題。トラブルの芽を放置するのはおすすめできません。
トラブルが起こりやすいのが、ユニットバスの排水口です。以下のような症状がみられたら、トラブルの可能性を疑ってみてください。

・湯船のお湯を流すと、浴槽外の排水口から逆流してくる
・洗い場で身体を洗っていると、床に水たまりが発生する(排水スピードが遅い)
・浴室に入ると、なんとなくドブ臭い

これらのトラブルは、実際にお部屋を契約して、お風呂を使ってみて初めて発覚するケースも多いものです。
特に初めての一人暮らしでは、「こういうものなのかな?」と、安易に判断してしまいがち。
しかし逆流トラブルや排水の遅さ、悪臭トラブルを放置しても、メリットはありません。
まずは「トラブルである」と認識して、適切な行動を心掛けていきましょう。

考えられる原因は?

お風呂の逆流トラブルや、排水スピードの低下による水たまりは、排水管内部の「詰まり」が原因で引き起こされます。
では何が詰まりの原因になるのかというと、以下のような汚れです。

・髪の毛
・石鹸カス
・皮脂や垢
・固形物(詰め替えシャンプーの切れ端やかみそりのカバーなど)

浴室の排水口は、他の排水口よりも詰まりやすいと言われています。
シャンプーによって髪が抜け、その一部が排水口内に侵入してしまうためです。
髪の毛が途中で引っかかると、その周辺に、さらに多くの汚れが付着していきます。
ヘドロ状の大きな汚れになり、排水管をふさいでしまいます。

これらの汚れは、生活している以上、完全に防ぐのは難しいもの。
だからこそ、入居者自身の責任において、定期的にメンテナンスするよう求められています。
少量の汚れであれば、市販のパイプクリーナーでも無理なく溶かせますが、詰まりが発生するほど大量になると、対処が難しくなってしまうでしょう。
自力での対処が難しい場合、プロの手を借りることになります。

薬剤や専用アイテムを使っても詰まりを解消できない場合、高圧洗浄する必要があり、費用も高額になってしまいます。
入居者自身の過失と認められれば、業者に支払う費用は自腹で負担しなくてはいけません。

できるだけ早く管理会社への連絡を

長年の汚れによって、賃貸アパートのお風呂の排水溝が詰まるケースは、決して珍しくはありません。
とはいえ問題は、「入居後まもなくトラブルが発生した場合、どう対処すれば良いのか?」という点です。

入居後すぐに詰まりトラブルに見舞われた場合、入居者自身に「長年の使用による蓄積した汚れ」の責任があるとは思えません。多くの場合で汚れの責任は前入居者にあり、次の入居者に貸し出す前に、大家さん側がきちんと対応するべきであった問題です。
つまり、管理会社や大家さんに連絡すれば、費用を負担する必要はなく、トラブルを解決してもらえる可能性が高いでしょう。

重要なのは、トラブル発生に気付いたら、できるだけ早く連絡するということです。
入居から連絡までの時間が短ければ短いほど、入居者自身に過失がないことを証明しやすくなります。
「まぁ使えないわけではないから…」と問題を放置すると、さらにトラブルが進行してしまう可能性も。
その段階で大家さんや管理会社に相談しても、「あなたの使い方が悪かったのだろう」と判断されてしまうかもしれません。

入居してすぐの時期には、水回り設備に多少違和感があっても、「こういうものなのか」と受け入れてしまいがちです。
しかしそれが、後々のトラブルにつながってしまう可能性もあります。
「何かがおかしい」「本当にこういうものなのか?」と疑問を抱いたときには、遠慮する必要はありませんから、大家さんや管理会社に問い合わせてみましょう。
多少手間はかかりますが、現場を確認してもらった上で、修理の必要性の有無を判断してもらうのが確実です。

賃貸アパートで水回り修理の必要性が出てきた場合、「貸主と借主のどちらに責任があるのか?」によって、費用を負担する側が違ってきます。
本来賃貸住宅とは、大家さんや管理会社の手で万全の状態にした上で貸し出さなければならないもの。
入居後すぐのトラブルは、大家さん側の責任と判断されやすいので安心してください。

特に築年数が古い賃貸住宅では、水回りのトラブルも多くなりがちです。
入居が決まったら、「トラブルが起きた場合の連絡先」についても確認しておきましょう。

自力での対処が必要ならわかやま水道職人にご連絡ください

賃貸アパートで詰まりトラブルに見舞われた場合、入居者から管理会社に連絡がいき、管理会社が修理業者を手配するスタイルが一般的です。
右も左もわからないまま、水道修理店を探さなければならない」なんてことにはなりませんから、まずは安心してください。

わかやま水道職人は、和歌山県の水回りのトラブルに真摯に対応しています。
お客様が、費用面で不安を抱えなくて済むように、無料見積もり・見積もり後のキャンセル可といった対応を行っております。

賃貸住宅のトラブルも一戸建てのトラブルも、何かあればお気軽にご相談ください。
田辺市や紀の川市、岩出市など和歌山県内の現場に、速やかに駆けつけます。

わかやま水道職人(和歌山水道職人) 0120-492-315

わかやま水道職人(和歌山水道職人) 0120-492-315