電話して相談する

水のコラム

洗面所の蛇口から水漏れ!?すぐにチェックしたい場所と対処法

2021年07月12日  洗面所のトラブル

洗面所の蛇口をしっかり閉めたつもりでも、しばらくしてから見た際にもまだポタポタと水が漏れていた、という場面に出くわすことがあります。今回は、水漏れを発見して焦っている人へ、まずやるべきこと、そして対処法を解説していきます。また、水道の専門家から見た「蛇口設備の修理もしくは交換のどちらが良いのか」についても説明していきます。

洗面所の蛇口から水漏れするときに確認したい場所

水漏れに遭遇したときには、被害がこれ以上拡がらないように、早急に水漏れ箇所を探すことから始めましょう。

・蛇口から水が垂れている
蛇口内部にはケレップ(コマパッキン)、スピンドル(水量調節パーツ)、バルブカートリッジなど、細かな部品が内蔵されています。蛇口からの水漏れは、これらの部品が劣化していることで発生するケースがほとんどです。

・パイプの付け根から水が滲み出ている
蛇口が左右に動くタイプの水栓では、パイプの付け根から水が漏れだすこともあります。この場合は、パイプの根元を固定しているナットが緩んでいる可能性が高いです。また、内部の部品であるリングやUパッキンが劣化している可能性もあるでしょう。

・ハンドルの根元から水が滴っている
水栓のハンドルとは、水を出す際にひねるパーツのことです。単純にひねるタイプもありますが、最近ではハンドルを上下左右に動かして温度や水量を調節するタイプも多くなってきています。よく動かすパーツであるハンドルの根元から水が漏れている場合、ハンドルの中にある三角パッキンの劣化が原因だと考えられます。

洗面所の蛇口から水漏れしたときの対処法

まずは止水栓を閉めておきましょう。水漏れしている場所を特定できたら、必要な部品を手に入れて交換するなど、適切な対応をとる必要があります。部品は水栓器具の型番によって異なりますので、型番をチェックしてホームセンターで探したり、メーカーやネット通販などで発注したりしてください。型番が異なると使えないことも多いので注意が必要です。

・蛇口からの水漏れではケレップ(コマパッキン)、スピンドル、バルブカートリッジなどを交換
2ハンドル混合水栓の場合はケレップやスピンドル、シングルレバー混合水栓の場合はバルブカートリッジを交換しましょう。ハンドルのカバーをマイナスドライバーではずし、固定ネジもはずします。ウォーターポンププライヤーを使って、カバーナットを反時計回りに回してはずしましょう。部品を古いものから新しいものへ入れ替えます。カバーナット、ハンドルのカバーを元通りに設置して完了です。

・パイプの付け根からの水漏れではナットを締めなおし、リングやUパッキンを交換
パイプの付け根にあるナットを締めなおしてみて、止水栓を開けて水漏れがなくなった場合には、これで作業完了です。それでもまだ水が漏れてくる場合は、また止水栓を閉め、内部の部品を交換していきます。ウォーターポンププライヤーやスライドレンチを使って、パイプナットを緩めてください。パイプとそこに付いているUパッキンをはずし、新しいUパッキンを水栓本体側に差し込みます。パイプを元通りに付けて、パイプナットを締めて完了です。

・ハンドル根元からの水漏れでは三角パッキンを交換
ハンドルを固定しているビスをはずし、プラスドライバーでハンドルも取り外します。ハンドルの根元に設置されていたカバーナットを、ウォーターポンププライヤーやスライドレンチで緩めて取り外しましょう。これで蛇口上部が外れました。ハンドルの中にあるカラービスを取り外します。このカラービスを分解して、三角パッキンを交換しましょう。カラービスを戻し、カバーナットを締めてハンドルを戻し、作業完了です。

洗面所の蛇口設備は消耗品です

洗面所の蛇口は、洗顔や歯磨き、手洗い、ヘアセットやメークなどで一日のうちに何度もひねるパーツです。水圧も私たちが考えるよりも強い力があります。そして、常日頃その圧力を抑えてくれているのがゴムパッキンなどの部品です。

使用頻度にもよりますが、水栓本体や部品の寿命は10年ほどだと言われています。忙しい毎日の中ではつい忘れがちな設備の寿命ですが、10年を節目として意識しておき、水漏れが発生していない場合でもゴムパッキンなどの部品は交換するようにしましょう。

新品の蛇口と交換するという手もあり

部品の製造は約10年で終了してしまうメーカーもありますし、いちいち部品を揃えていたら出費がかさんでしまうでしょう。水漏れが発生した場合でもしていない場合でも、さまざまな部品を交換する必要があるのであれば、いっそのこと蛇口本体を新品のものに交換してしまうほうが手間がかからない、という考え方もあります。水栓金具も年々進化していますので、節水効果の高い水栓に交換することも検討してみてはいかがでしょうか。

洗面所の蛇口からの水漏れに困ったときには、わかやま水道職人までご相談ください

わかやま水道職人は和歌山市、田辺市、橋本市、紀の川市など和歌山県全般で水回りのトラブルを解決している水回りのプロです。トイレや浴室や洗面所、キッチンでのつまりをはじめ、水回りのトラブルでお困りの際には、ぜひ気軽にわかやま水道職人にお問い合わせください。

わかやま水道職人(和歌山水道職人) 0120-492-315

わかやま水道職人(和歌山水道職人) 0120-492-315