電話して相談する

水のコラム

台所の排水管から水漏れトラブルの対処法と予防策について

2021年07月12日  キッチンのトラブル

台所の排水管からの水漏れは、キッチン床が水浸しになるなど生活に大きな支障をきたします。マンションやアパートの集合住宅であれば、下の階への被害も心配です。万が一の事態にも慌てずに対応できるよう、今回は台所の排水管から水漏れが生じる原因と対処法、さらには予防策についてご紹介します。

台所の排水管から水漏れする原因

台所の排水管から水漏れしている原因として考えられるのは、主に3つです。

・排水管の内部がつまっている
台所の排水管は、食べカスや油汚れ、食器用洗剤など汚れによってつまりが起きやすい場所です。排水管がつまっていることに気付かないまま水を流してしまった結果、耐えきれなくなったパイプの接合部分から水漏れが発生してしまう場合があります。

・接合部分がゆるんでいる
上記で説明したつまりは接合部のナットのゆるみにもつながり、水漏れの間接的な原因にもなり得ます。また、大きな地震が発生した後は、その振動や衝撃でナットがゆるみ、排水管からの水漏れを引き起こしやすい状態のため注意が必要です。

・破損または劣化している
気付かないうちにシンク下の排水管を傷つけてしまっていたり、ゴムパッキンの劣化が進み、傷んでいたりするケースも少なくありません。素材にもよりますが、排水管が通常の利用に耐えられる年数は10~15年程です。水漏れ発生の有無に関わらず、最低でも10年に一度のペースで業者に点検してもらうことをおすすめします。

排水管からの水漏れトラブル対処法

水漏れの原因を特定できれば、原因に合わせて自分で対処できます。ただし、自分での対処が難しいと感じたら、迷わず業者へ問い合わせましょう。

・つまりが原因の場合
排水管の接合部分や排水口から水漏れしている場合の多くは、つまりが原因です。その場合、原因となっているつまりを取り除くことが必要になります。液体パイプクリーナーなど強力な洗浄剤を使い、つまりを解消しましょう。詳しい方法は後ほどご説明します。

・ゆるみや劣化が原因の場合
接合部分から水漏れしていて、つまりが確認できない場合は、ナットのゆるみが原因となっている可能性が高いです。もし、ナットを締めなおしてもなお水漏れが止まらない場合は、内部のパッキンの劣化によるものと考えられます。業者に依頼し交換してもらいましょう。

また、分解できる排水管であれば、ホームセンターなどでパッキンを購入し、次の方法でご家庭でも交換することは可能です。まず、シンク下の排水トラップとシンクをつなぐナットを回して緩めます。次に、排水トラップを上に持ち上げ古いパッキンを取り外し、新しいパッキンを取り付けてください。その後、これまでと逆の手順で設置しなおします。ナットを締めて、水漏れが収まったことが確認できたら完了です。

・破損または原因がわからない場合
排水管や給水管の破損が原因の場合や自分では原因がわからない場合は、被害を最小限に防ぐためにもすべての止水栓を閉めて速やかに業者へ依頼してください。専門の機械による洗浄や排水管自体の交換など、その道のプロが原因を見つけ適切な対応をしてくれます。

排水管の水漏れ予防には日ごろのお手入れが大切

排水管からの水漏れは、日ごろのお手入れやちょっとした心掛けである程度防げます。たとえば、水に溶けにくいものは流さないなどといった基本的なことができているか、今一度振り返ってみましょう。また、定期的に排水管や排水トラップを清掃し、つまりを防ぐことが大切です。

排水管の清掃方法

それほどひどくない汚れでしたら、40~50℃のお湯を大量に流すだけで十分洗浄できる場合もあります。ただし、汚れの度合いや目的に合った方法で清掃することがポイントです。

・丁寧な清掃で予防効果を高めたい場合
より予防効果を高めたい方は、重曹とクエン酸(またはお酢)を使って清掃しましょう。刺激が少ない重曹とクエン酸は排水管を傷つけにくいため、日々のお手入れに適しています。まず、排水口に、下が見えなくなるまで重曹を振りかけます。その上にクエン酸やお酢をしゅわしゅわしてくるまでかけ、30分程放置した後、お湯で洗い流して完了です。

・排水管のつまりが疑われる場合
つまりによる水漏れが発生していたり、長らく清掃を怠っていたりする場合は、液体パイプクリーナーを使っての清掃がおすすめです。液体パイプクリーナーには、ぬめりや髪の毛などを溶かす働きがあります。成分の強い洗剤ですので、使用する際はゴム手袋の装着を忘れずに行ってください。

まず、排水口のカバー、ゴミ受け、排水トラップの蓋を外し、ラベルに表示されている適量を注入します。その状態で30分程放置し、溶けた汚れと薬剤を水でよく洗い流します。外した部品を元に戻し、最後に再び水を流して完了です。放置時間が長すぎると溶けた汚れが固まり、さらなるつまりの原因となるため表記された時間をしっかり守りましょう。

台所の排水管からの水漏れでお困りの方へ

わかやま水道職人は、岩出市、海南市、新宮市、有田市など和歌山県内のさまざまな地域で、水回りのトラブル対処やメンテナンスを承っています。24時間受付で365日対応しますので、排水管からの水漏れなど水回りのトラブルにお困りの際は、ぜひお気軽にわかやま水道職人までお問い合わせください。

わかやま水道職人(和歌山水道職人) 0120-492-315

わかやま水道職人(和歌山水道職人) 0120-492-315