電話して相談する

水のコラム

台所のシンクの水漏れ対策!原因から修理・交換方法を紹介

2021年07月12日  キッチンのトラブル

台所のシンクからの水漏れを発見したら?

シンクの下から水が流れてきたらどうしますか。まずは、水道を止めてシンク下を確認しましょう。もしシンク下が水浸しになっていたら水漏れが発生しています。

また、シンク下に物を入れようとしたら小さな水たまりができていることもあります。まだ大丈夫と考えてタオルや容器を置いておけば良いと考えるかもしれませんが、どちらの場合もすぐの修理が大切です。少しの水漏れでも放置をしておくと黒カビの発生や床材の腐食、床下に水が流れてしまい階下の天井からの水漏れにつながります。

台所のシンクの水漏れ原因とは?

シンク下の水漏れの原因にはどのようなものがあるのでしょうか。多いのがパッキンの劣化とナットの緩みです。水道管から蛇口、排水溝、排水ホースまでの間には多くのパッキンやナットが使われています。これらが緩んでパッキンが劣化して固くなっていると隙間ができて水が漏れてきます。ナットの締め直しやパッキンの交換は難易度も低く個人でも修理ができる場合が多いです。

次に排水トラップの破損です。シンクはステンレスで作られていることが多いのですが、排水トラップやホースなどは樹脂で作られていることが多くなっています。ここに、シンク下に収納している鍋などをぶつけてしまい穴を開けて亀裂を作ってしまうことがあります。排水トラップや排水ホースは修理部品をホームセンターやインターネットなどで購入でき、難易度が少し上がりますが自分でも修理、交換が可能です。

シンクそのものに亀裂や穴が空いてしまっている場合もあります。ステンレス製なのでサビないし簡単に亀裂や穴が空かないと考えがちですが、ステンレスでもサビは発生します。その原因が、物を長時間放置しておくことです。ステンレスは酸素に触れていることで皮膜を作ってサビを防止しています。

しかし、物を置いておくと酸素に触れないため被膜が作られずにサビてしまうのです。サビるとそこから弱くなり亀裂や穴が空きやすくなります。こうなってしまうとシンクの交換になるので専門業者に相談するのがおすすめです。それではここから、自分で修理できる場合の手順を見ていきましょう。

水漏れ箇所をチェックする

修理に入る前に水漏れ箇所を確認しましょう。まずはシンク下の水気をすべて拭き取っておきます。このときに、排水トラップやホースの亀裂を確認しましょう。目で見てわかるくらいの破損が見つかったら、交換修理が必要です。

そのあと水道の水を出して漏れてくる場所を確認しましょう。シンクや排水トラップのつなぎ目から水が漏れている場合は、ナットの緩みやパッキンの劣化が原因の可能性があります。ここまでは個人でも修理が可能です。

排水管から水が漏れておらずシンクから直接水が滴っている場合、シンクそのものが破損している可能性があります。また水道側の配管や止水栓から水が漏れていたら専門業者に依頼がおすすめです。排水設備に比べて水道側は水圧が高いため、知識の少ない人が修理をすると水漏れを悪化させる可能性があります。

水漏れ箇所を修理する

水漏れ箇所を確認して自分で修理できる箇所であればその箇所に合わせて修理をはじめましょう。実際に作業をはじめるまえに、止水栓を閉めて水道から水が出ないようにしておきましょう。水道トラップなどを外しているときに誤って水道を出してしまうというミスは意外にも発生しがちです。それでは、ここからは修理箇所別に修理・交換方法を見ていきます。

・ナットやパッキンの修理・交換
シンクと排水トラップや排水トラップと排水ホースをつなぐナットが緩んでいる場合、レンチなどで締めます。ナットが樹脂でできている場合、力を入れすぎると壊してしまうので注意をしましょう。

もし、ナットをしっかり締めても水漏れが直らない場合はパッキンが劣化していることが考えられます。ナットを緩めてつなぎ目を外せばパッキンを取り出して交換できます。パッキンにもサイズがいくつかあるので、大きさを間違えないように注意してください。大きさの違うパッキンを入れてしまうとどれだけナットを締めても水漏れします。

ナットを取り替えるときにゴミなどが溜まっていたら取り除いておきましょう。パッキンを入れ替えてナットを締め直したら修理完了です。ナットそのものが壊れている場合は本体そのものを修理・交換が必要です。

・排水トラップや排水ホースの修理・交換
排水トラップや排水ホースはナットを緩めれば取り外しができます。交換パーツはホームセンターなどでも購入ができるので、すでに取り付けられているものと同じタイプのものを買ってきましょう。

取り外しのときには、配管内に残っている水が床に溢れないようにタオルやバケツなどを置いて対策が必要です。また、排水ホースの長さなども既存のものに合わせてカットが必要になることもあります。サイズの調整が終わったら組み付けて交換完了です。最後に止水栓を開いてから水を流して、水漏れが直っていることを確認してください。

台所のシンクから水漏れが発生したらわかやま水道職人へ

わかやま水道職人は和歌山市や海南市、橋本市や新宮市、有田市など和歌山県全般で水回りのトラブルを解決している水回りのプロです。トイレや浴室や洗面所、キッチンでのつまりをはじめ、水回りのトラブルでお困りの際には、ぜひ気軽にわかやま水道職人にお問い合わせください。

わかやま水道職人(和歌山水道職人) 0120-492-315

わかやま水道職人(和歌山水道職人) 0120-492-315