電話して相談する

水のコラム

キッチンのシンクに発生するぬめりをきれいにしよう

2021年07月12日  キッチンのメンテナンス

キッチンのぬめりの原因は?

キッチンのシンクに発生するぬめりはどうしていますか。きっと、多くの人がこまめに洗って取り除いているでしょう。このぬめりの原因は菌です。シンクには菌が好むものがたくさんあります。たとえば、料理をしたときに出る食材の切りクズや、食器を洗ったときの油汚れです。また、水分や高い温度も菌を活発にします。活発になった菌はすさまじいスピードで、どんどん数を増やしていくのです。

菌が増えれば衛生面でもよくありませんし、悪臭や虫が発生する原因にもなります。キッチンは料理をするところなので、衛生面は気をつけたいところです。そのためにも、ぬめりの対策をしっかりしておくのは重要です。

キッチンのぬめりをきれいにする

キッチンのシンクにぬめりが発生している場合、きれいに洗ってしまうのが一番です。とくに、三角コーナーや排水溝のゴミ受け、排水トラップが樹脂製の場合、ぬめりやカビがこびり付いて黒くなっていることもあります。

まずは、付着しているゴミなどを取り除きましょう。そのあと、中性洗剤(食器用洗剤など)で洗っていきます。細かいところはブラシなどで洗うようにしましょう。このとき、クレンザーなど研磨剤が使われている洗剤は使わないようにしましょう。注意書きにも書いてありますが、樹脂製品で使ってしまうと細かい傷をつけてしまう原因になります。さらに、細かい傷は汚れを付着させる原因です。パーツが洗い終わったら、排水溝の内側も同じように洗っておきます。

また、見えにくい排水管もきれいにしておきます。このときに役立つのが重曹とクエン酸です。重曹は、プラスチックを洗うときのクレンザー代わりとしても使えますが排水管で使うときには化学反応を利用します。排水管の中に重曹をたっぷり振りかけ、15~20分ほど放置します。

次に、熱めのお湯を用意してください。このとき、お湯の温度は60℃くらいまでにしておきましょう。お湯に振りかけた重曹の2倍ほどの量のクエン酸を溶かします。このお湯を排水管の重曹に振りかけると化学反応を起こして泡が発生します。この泡が汚れを剥がしてくれます。さらに20~30分ほど放置したら水で洗い流して完了です。

三角コーナーやゴミ受けなどを洗うときにこの方法を使うこともできます。洗い終わったら、キッチン用漂白剤で除菌をして掃除完了です。パーツや配管がきれいになったらシンクもしっかり洗っておきましょう。

もし、汚れが頑固で中性洗剤や重曹などを使ってもきれいにならない場合、市販の排水クリーナーを使うのもおすすめです。このとき、シンクによっては使えないものもあるので注意書きをしっかり読みましょう。また、汚れが落ちにくいときに複数の洗剤や漂白剤が混ざらないようにも注意が必要です。組み合わせによっては有毒ガスを発生させるものもあるからです。

キッチンのぬめりは予防も大切

キッチンのシンクのぬめりをきれいにできたら、発生させないように日ごろから予防しておくことが大切です。まずは基本として、三角コーナーやゴミ受けに入っているゴミを一日ごとに捨て、しっかり洗うようにしましょう。菌も栄養がなければ増殖を抑えられ、ぬめりも発生しにくくなります。さらに、排水溝にぶら下げるぬめり取りも効果的でおすすめです。

アルミホイルを丸めてゴミ受けに入れておく方法もあります。アルミが水に触れると金属イオンが発生し、菌の増殖を防いでくれるのです。ただし、丸めたアルミホイルが排水管に入ってしまうと詰まりの原因になるので注意をしましょう。

シンクを使い終わったらお湯を流すという方法も効果的です。シンクに残った油分は水では洗い流しれず、時間が経つと固まってしまいます。そうなるまえに油を流しやすいお湯できれいにしてしまいましょう。このとき、熱湯だとシンクを痛めてしまうので、少し熱めのお湯を使ってください。

また、ぬめりの原因になるものを置かないというのも方法のひとつです。たとえば、三角コーナーです。なんとなく今まで使っていたからという理由で使い続けている人もいるかもしれませんが、野菜の切りクズなどはザルに入れておいて料理ごとにゴミ箱に捨てるなどすれば、必要ないかもしれません。物が大きければ、その分汚れるものも増えるので、必要なものと必要のないものを見直してみるのもおすすめです。

排水溝を交換する方法もある

日ごろの掃除でぬめりを予防できます。さらに、ぬめりが付きやすい部分を掃除しやすいものに交換するのも効果的です。たとえば、一般的な排水トラップは深いため奥まで掃除をするのが大変です。この部分が浅いタイプの排水トラップに交換し、洗いやすいステンレス製などの排水トラップに交換すれば洗いやすくできます。

実際に取り付けられるかは、シンクのタイプによっても変わるので、専門業者に相談をしてみるのをおすすめします。毎日使うシンクだからこそ、使いやすさや掃除のしやすさはとても大切です。

キッチンのメンテナンスはわかやま水道職人へお電話ください

わかやま水道職人は和歌山市や海南市、橋本市や新宮市、有田市など和歌山県全般で水回りのトラブルを解決している水回りのプロです。トイレや浴室や洗面所、キッチンでのつまりをはじめ、水回りのトラブルでお困りの際には、ぜひ気軽にわかやま水道職人にお問い合わせください。

わかやま水道職人(和歌山水道職人) 0120-492-315

わかやま水道職人(和歌山水道職人) 0120-492-315