電話して相談する

水のコラム

トイレの水漏れ!こんな時どうする?

2021年07月21日  トイレのトラブル

焦ってしまうトイレの水漏れ

普段何気なく使っているトイレですが、ずっと変な音がすると思っていたら実は水漏れが起こっていた、という事も少なくありません。少しの水漏れでも放っておくと床の劣化やカビの繁殖を招きますし、知らず知らずの内に水道代が倍増していたなんてケースも存在します。

何より不衛生な感じがして気分が良くないものです。だからといって慌てて間違った対処をしてしまうと水漏れが悪化する事もありますので、まずは水漏れの原因をしっかり確かめてしっかりと対策していきましょう。

最初にやるべきこと

トイレから水が漏れていると気付いたら、まずは原因を特定してみましょう。チョロチョロ、あるいはシャーシャーと水が流れる音が聞こえ、便器内の水に波紋が見られる場合はタンクから便器への水漏れが発生しています。

次に床や、壁、パイプなどに水が漏れている場合ですが、この場合は細く水漏れ箇所を特定していきます。トイレで水漏れが発生しやすいのは便器と床のつなぎ目、タンクとパイプをつなぐナット部分、パイプに取り付けられている止水栓です。

水が漏れている箇所を特定できたら、まずはタオルやバケツ等で漏れた水が床に染み込むのを防ぎましょう。そしてすぐに対処するのが難しそうな場合は、止水栓、あるいは元栓を閉めて水の流れを止める必要があります。

止水栓はタンクから伸びるパイプと壁や床の接続部分、あるいは便器本体のカバーに隠れた部分に設置されている場合が多いです。手で締めるタイプ、マイナスドライバーを使って締めるタイプがありますが、どちらの場合でも固くて動かない場合は無理をしてはいけません。無理に力を込めると止水栓も壊れて、悪化してしまう場合があります。

止水栓が動かせない場合、あるいは止水栓付近から水漏れしている場合は元栓を閉めてしまいましょう。元栓は一戸建てなら水道メーターボックスの中、アパートなら複数部屋のものが入り口付近や共用部のボックス等にまとまっている場合が多いようです。今は締める必要がない場合でも、いざという時のために場所を把握しておくと良いかもしれません。水の流れを止めたら一安心です。落ち着いて次の対処を考えましょう。

タンクから水が漏れている場合

タンクから便器へ水が漏れている場合は、タンク内部の部品の劣化や破損が原因として考えられます。便器によって多少構造は違いますが、タンクにつながっている給水パイプの先に浮きゴムと呼ばれる大きな玉がついています。そしてその浮きゴムと給水パイプをつなぐ装置を、ボールタップといいます。

まずは止水栓を開けたまま、浮きゴムを持ち上げて戻してみましょう。トイレタンクは浮きゴムの位置によって給水が行われるシステムなので、何かに浮きゴムが引っかかるなどして正常に機能しないと、給水が行われ続け、オーバーフロー管と呼ばれる排水システムから余分な水が流れ続けてしまいます。

浮きゴムを正しい位置に戻してみて、水が止まったのであれば、修理は完了です。それでも水の流れが止まらない場合は、ボールタップ部分の故障が考えられます。この場合は新しいボールタップに交換する必要があります。

他にもタンクの水の流れをせき止めているフロートバルブが劣化しているケース、オーバーフロー管が破損しているケースなども考えられるでしょう。交換部品はホームセンターなどで入手できます。トイレの型番をチェックし間違った部品を買わないようにすること、修理の際にはきっちりと水を止めておく事などが注意点です。

床や壁のパイプなどから水が漏れている場合

次は便器外部に水が漏れている場合の対処法です。パイプのナット部分から水漏れしている場合は、ナットを締め直してみましょう。きっちり締めても同じ箇所から水漏れが起こる場合は、ナットやパイプ自体が破損している可能性があります。

止水栓やタンクの接続部分、レバー部分から水漏れしている場合はゴムパッキンの劣化が主な原因です。これらは交換することも可能ですが、トイレの構造によっては大規模な交換が必要な場合や、同じ部品が既に販売されていない場合もあります。もし交換が難しいようなら、専門業者に依頼する事をおすすめします。

そして便器と床の隙間から水が漏れている場合です。このケースは便器自体の破損や、便器の設置不良、あるいは排水管のトラブルなどが原因として考えられます。排水管に問題がある場合は、業者による専門の調査と修繕が必要になります。

また排水管に問題がない場合でも、床下で水漏れしてカビや腐食の原因になる可能性があるので対処は専門家に任せたほうが良いでしょう。便器やパイプからの水漏れは、テープやパテを使うことで一時的に止めることもできます。

しかしこれらはあくまで応急処置です。根本的な原因が解決さないままだとさらに水漏れが悪化したり、他の部分にまでトラブルが及んだりする可能性もあります。パーツの交換や修繕などでしっかりと対策しましょう。

トイレの水漏れでお困りの際は、わかやま水道職人へお電話ください

わかやま水道職人は和歌山市、田辺市、橋本市、紀の川市など和歌山県全般で水回りのトラブルを解決している水回りのプロです。トイレや浴室や洗面所、キッチンでのつまりをはじめ、水回りのトラブルでお困りの際には、ぜひ気軽にわかやま水道職人にお問い合わせください。

わかやま水道職人(和歌山水道職人) 0120-492-315

わかやま水道職人(和歌山水道職人) 0120-492-315