電話して相談する

水のコラム

洗面所から濁った水が出てきた時の対処法

2021年07月21日  洗面所のトラブル

急に濁った水が出てきた!

朝起きて顔を洗おうとした時、外から帰ってきて手を洗った時、あるいはお風呂に入っている時、急に濁った水が出てくるとビックリしてしいます。ほんの少し色がついているだけならまだしも、赤黒く濁っていたりしたら恐ろしいものですが、実際にはたまにある現象なのです。水道水の濁りには原因と対処法があります。きちんと原因を見極め、対処していきましょう。

白い濁りや薬の臭い

それでは安全な濁りから見てみましょう。

・白い濁りの場合
まずは水が白く濁っている場合です。コップに水を出すと真っ白で、少し置いておくと透明になるケースがしばしば見られます。この濁りの正体は気泡、つまり空気です。水に空気が混ざっているだけなので、そのまま飲んだり洗顔に使ったりしても全く問題ありません。蛇口やシャワーヘッドの中には敢えて気泡を多く含ませるようにした製品も存在するぐらいです。

気泡の混入は給湯設備の仕様や、気温の変化などでも発生するので原因はさまざまです。付近で水道工事が行われた際には、水道管を流れる水の圧力が変化して気泡が多くなることもあるのですが、しばらくすれば元に戻ります。

・薬の臭いがする
正確には濁りとは違うのですが、水道水の薬臭さが気になるという方もいます。これは細菌や大腸菌を死滅させるために使われている塩素(カルキ)の臭いです。人体には無害なものですが、引っ越した際などに気になってしまう方が多いようです。

そんな時は一度煮沸する、コップなどに汲み置きする、冷やすといった方法で薬臭さを取り除けます。ただこれらの方法を使うとカルキによる消毒効果もなくなるので、早めに消費しなくてはいけません。

砂や土、サビの濁り

では次は少し危険な濁りについて見ていきましょう。これらの濁りは気にならない程度のものだとしても、人体にとって有害な物質が含まれている可能性があります。濁りがなくなるまで料理や飲み物に使うのはやめましょう。

・砂や土
水に砂や土が混ざっているケースでは、付近で行われた水道工事が原因である場合が大半です。多くの場合は事前に通知される一時的な断水を伴うものなので、工事が終了した後にしばらく水を流せば濁りはなくなります。もしいつまでたっても砂や土が交じる場合は、水道管自体が破損している可能性があります。自分で何とかしようとせず、専門業者に調査をお願いし、修理や交換を行うようにしましょう。

・サビ
水に細かいゴミが混ざり、何かの破片が混ざって赤茶色っぽくなっている場合はサビが原因です。水道管が劣化してサビになり水に混入するケース、蛇口や給湯器にサビが発生しているケース、集合住宅の受水槽がサビてしまっているケースなどが考えられるでしょう。

一時的なものは、付近の水道工事が原因の場合もあります。蛇口の問題であれば家庭でも対処はできますが、水道管や受水槽の問題は専門業者や管理人等に対処を任せましょう。蛇口の原因だと思って買い替えたのに改善しなかった、という失敗談もあるので焦りは禁物です。

他の濁りや悪臭

水に溶け込む物質によっては、他にもさまざまな濁りが発生することもあります。

・黒い水
黒い濁り水が出た場合、水道管内のマンガンがカルキと反応して二酸化マンガンになり、それが水道水に混入したことが原因です。この場合のサビと同様に水道管の劣化や破損が原因の可能性があるので、しばらく出しっぱなしにしても改善しない場合は専門業者に調査を依頼しましょう。

・青い水
元来、水は青く見えやすい性質があるため、暖色の浴槽に溜めた際などには青く見えることがあります。少量をコップに出して、ペットボトルの水と比べて違いがないようなら何も問題はありません。しかし、明らかに青く着色された水が出てきた場合は給湯設備のトラブルにより多量の銅や不凍液が混入している可能性が考えられます。すぐに使用をやめ、専門業者に調査を依頼しましょう。

・シンナー臭や油の臭い
新築の住居や工事の直後にはシンナー臭や油のような臭いがすることがあります。これは工事に使われた接着剤や、潤滑油が原因だと考えられます。しばらく水を出し続けても改善されない場合は、専門家や業者に相談しましょう。

・腐敗臭や生臭い臭い
排水管のトラップ部分が乾いていると、水を出した際に下水管の臭いが上ってくることがあります。この場合、トラップ部分が乾かないように水を流し続けることで、臭いは改善されます。水をコップなどに汲んで、別の場所で確かめても臭いがする場合は、受水槽や水源で何らかのトラブルが起こっている可能性も考えられるのです。集合住宅の管理人や専門業者に相談してみましょう。

水が濁っていた時にするべき事

最初にするのは「水を出し続けてみる」事です。しばらく使っていなかった蛇口から水を出した場合や、工事が原因の場合など、多くの濁りはこれだけで改善します。地域の工事の予定や、集合住宅のお知らせなどもチェックしてみてください。

次に濁りの原因が住宅内の蛇口や給湯設備であった場合、これはご自身で修理や交換することも可能です。しかし原因の特定はなかなか難しく、素人判断では事態が悪化することも有るので専門業者への相談をおすすめします。最後に水道管が原因の場合です。普通の人には手の出しようがないトラブルなので、速やかに専門業者に依頼しましょう。

洗面所の水の濁りでお困りの際は、わかやま水道職人へお電話ください!

わかやま水道職人は田辺市、橋本市、紀の川市、海南市、新宮市、海草郡など和歌山県全般で水回りのトラブルを解決している水回りのプロです。トイレや浴室や洗面所、キッチンでのつまりをはじめ、水回りのトラブルでお困りの際には、ぜひ気軽にわかやま水道職人にお問い合わせください。

わかやま水道職人(和歌山水道職人) 0120-492-315

わかやま水道職人(和歌山水道職人) 0120-492-315