電話して相談する

水のコラム

トイレの水漏れの原因とは?

2021年07月21日  トイレのトラブル

意外とたくさんあるトイレの水漏れの原因

トイレから水漏れをしている、と一言に言ってもその原因はたくさんあります。今回は、いわゆるトイレの詰まりによって水が溢れたというケースは別にして、便器やその周辺の設備に問題があり水漏れが起きたケースについて、原因と対策をご紹介します。

タンクとパイプの水漏れは自分で修理もできる

トイレのタンクから外に水が漏れている場合は、タンクに接続されているパイプやゴムパッキンの劣化が主な原因です。また、水を流すレバーも同様にゴムパッキンが使われているため、こちらが劣化しているケースも有るようです。

もしタンクの上から水が溢れている場合は、タンク内部に有るオーバーフロー管という部品が破損して詰まっているのかもしれません。一度タンクの中身を開けて、チェックしてみましょう。これらの交換部品はホームセンターや通信販売で購入できます。

自分で修理する際に大事なのは、止水栓を閉めて作業を行うことと、型番を間違えないことです。もし自信がないようであれば専門業者に依頼してみましょう。パイプのナット部分から水漏れしている場合は、ナットの緩みが原因かもしれません。一度締め直して状態を確認してみてください。

最後に壁とパイプの境目や止水栓からの水漏れについてです。この場合は止水栓自体の修理交換が、必要なケースが多いです。元栓を閉めて水の流れを止めて、すぐに専門業者に連絡しましょう。

温水洗浄便座の水漏れもチェック

TOTOの「ウォシュレット」などで知られる温水洗浄便座は、普通の便器とは違う原因で水漏れが起こることもあります。製品によって構造は違うので一概には言えませんが、こちらも家庭での交換が可能な場合があります。タンクや止水栓から温水洗浄便座につながっているホースやパイプから水漏れが起こる場合は、水抜き栓の給水フィルターが劣化している可能性が高いです。交換用の部品を探して取り付けてみましょう。

一方、ノズルからの水漏れやボタンの付いている操作パッド、便座付近から水漏れがしている場合は部品や内部の電子回路に問題が有ると考えられます。温水洗浄便座は複雑な機能を持った電化製品なので、ご自分での修理は簡単ではありません。メーカーの相談窓口に相談するか、専門業者に依頼するなどしてみてください。

便器からの水漏れは要注意

最後に便器本体からの水漏れですが、これは修理が困難なケースが大半です。まず便器のどこから水が出ているかを、確認してみましょう。透明な水を流すだけだと判別が難しいことが有るので、その場合は薄めた墨汁など色付きの水のトイレに入れて流してみると良いでしょう。

・タンクと便器の接続部分から水漏れしている場合
タンクと便器の間から水が漏れている場合は、2つの部分をつないでいる密結パッキンの劣化が主な原因です。この部品を交換することで水漏れを止めることはできますが、タンクを外す作業が必要になるので、自分でできそうかどうか慎重に判断してから取り掛かりましょう。

また、タンクの下部がヒビ割れなどで破損しているケース、トイレがそもそも密結パッキンを使っておらず他の部品が破損しているケースも存在します。原因を診断するのにもある程度知識が必要なので、自信がない場合は専門業者に調査と修繕を依頼しましょう。

・便器のヒビや破損が原因だった場合
便器が破損していた場合は、基本的に業者による交換が必要になります。比較的新しいトイレであれば問題のある箇所のみの交換もできますが、古いものはトイレ全体の交換となる可能性が高いです。テープやパテを使って破損箇所を塞ぐことも可能ですが、うまく作業するには慣れが必要です。また、あくまで応急処置でしかないので、早いうちに専門業者に相談しましょう。

・便器と床の間から水漏れしている場合
便器と床の間から水漏れしている、あるいは水漏れ箇所がわからないけれども床下が濡れている場合はさらに注意が必要です。この場合、便器と床の接続部にある、フランジパテが劣化している可能性が高いです。フランジパテ自体は安価で入手できるので、便器の設置の仕方によっては家庭で部品を交換することもできます。

しかし便器自体を床から外す大作業になるので、交換にはそれなりの覚悟が必要です。また、フランジパテではなく排水管の方に問題が有るケース、修繕がうまくいかずにさらなる水漏れや部品の劣化を招くケースも有るので、基本的には業者に相談してみたほうが良いでしょう。

水漏れ箇所が発見できない場合

どこからも水漏れが発見できない、でも床や壁が濡れて水滴が付いている事もあります。その原因は結露です。水蒸気が冷やされて飽和水蒸気量を超えた際に、水分が水滴として現れます。特に気温が低い季節、朝などの時間帯に多く見られます。

これについては家の構造やお住まいの地域、天候なども関係するため確実な対策はありません。除湿剤を置く、トイレの温度を下げない工夫をするといった方法を試してみてください。

トイレの水漏れでお悩みの際はわかやま水道職人へお電話ください

わかやま水道職人は和歌山市、橋本市、岩出市、海南市、有田郡有田川町、西牟婁郡白浜町など和歌山県全般で水回りのトラブルを解決している水回りのプロです。トイレや浴室や洗面所、キッチンでのつまりをはじめ、水回りのトラブルでお困りの際には、ぜひ気軽にわかやま水道職人にお問い合わせください。

わかやま水道職人(和歌山水道職人) 0120-492-315

わかやま水道職人(和歌山水道職人) 0120-492-315